邪魔 上 講談社文庫

奥田英朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062739672
ISBN 10 : 4062739674
フォーマット
出版社
発行年月
2004年03月
日本
追加情報
:
15cm,414p

内容詳細

及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供二人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴一年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。

【著者紹介】
奥田英朗 : 1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』(講談社文庫)でデビュー。第2作目の『最悪』が話題となりロングセラーに。『邪魔』で第4回大薮春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    『空中ブランコ』の伊良部医師のイメージが抜けない奥田英朗だが、この小説ではきわめてシリアス。小説作法も凝っている。プロットの進め方が単線的ではないのである。読者によって受けとめ方も違うと思うが、私から見れば主人公は恭子と九野の両方である。事件を通じて接点が生じるものの、本来は別個の生活があり、属する社会があった。読者としては両者に感情移入してしまうのだが、そうすると、それぞれの置かれた状況があまりにも理不尽であり、またせつない思いにとらわれるのである。下巻がどんな展開を見せ、また収束して行くのか楽しみだ。

  • Atsushi さん

    上巻を読了。夫に放火の容疑がかかるパート勤めの主婦及川恭子、愛する妻を身篭ったまま交通事故で失った刑事九野薫、非行に走る高校生渡辺裕輔の3人が少しずつ接点を持ちながらストーリーは展開する。その他の登場人物も多くなかなか先が読めないもどかしさ。悶々としたまま下巻へ。

  • AICHAN さん

    Book-Off本。奥田英朗の作品にしては読みにくい。ぐんぐん読めなかった。伏線が幾重にも張られ、それぞれ細かい描写が続くので、話がなかなか前に進まない。1冊の本を読むのにこんなに時間がかかったのは実に久しぶりだ。図書館に寄贈。

  • まひはる さん

    奥田氏の描く人物は、日常に本当に存在していそう。以前読んだ普段の日常が少しずつおかしくなっていく描写が絶妙。下巻の展開が気になる。

  • りゅう☆ さん

    親父狩りをして逆にコテンパンにヤラれた男子高生裕輔。ケガを負わせた久野は警察官で工藤副署長の命令で花村刑事を貶める為、女との関係を追っていた。及川恭子は夫茂則と子供2人を持つパート勤めの普通の主婦。ある日、茂則が夜勤の時に会社が火事になった。第一発見者の茂則は火傷を負い入院。でも、その放火は本当にヤクザ絡みなのか?そして起こった第二の放火。調べていくうちに茂則が怪しく感じる。一方、久野は花村の怒りの報復に合い危うい立場に。恭子、久野、茂則、裕輔、花村の邪魔な存在はどう動くのか?いざ下巻!【積読本1冊目!】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田英朗

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品