東京物語 集英社文庫

奥田英朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087477382
ISBN 10 : 408747738X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年09月
日本
追加情報
:
16cm,361p

内容詳細

1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊…。バブル景気に向かう時代の波にもまれ、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく久雄。80年代の東京を舞台に、誰もが通り過ぎてきた「あの頃」を鮮やかに描きだす、まぶしい青春グラフィティ。

【著者紹介】
奥田英朗 : 1959年岐阜県生れ。雑誌編集者、プランナー、コピーライターを経て1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。2002年「邪魔」で大薮春彦賞を、2004年「空中ブランコ」で直木賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 昭和の「古き良き時代」という感じがする...

投稿日:2013/05/01 (水)

 昭和の「古き良き時代」という感じがする。  その世代でなくても、今の時代には無い感じが描かれている。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
名古屋から状況して、コピーライターになっ...

投稿日:2012/10/24 (水)

名古屋から状況して、コピーライターになった田村久雄の二十代の日々を綴った短編集。 いまの自分と年齢や職業が近いから、感情移入したり、身につまされるところがあったりと、楽しめる一冊。

ameg さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
70年代にあった忘れがたい日に、さて自分...

投稿日:2011/06/02 (木)

70年代にあった忘れがたい日に、さて自分は何をしていたか。連続短編小説であるが、その中でもキャンディーズ解散コンサートの日のことを書いたのが共感できる。70年代を生きた者だと、ピンクレディーではダメなのだ。やはりキャンディーズでないと・・・ 時代を象徴する出来事だったなぁ。

タケヒロ さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    奥田英朗が描く1980年代の 青春物語。そう遠くはないはずなのだが、 でも忘れてしまっている…そんな 出来事が甦ってきて、なぜか 懐かしいのが 奇妙に嬉しい。 高校時代、誰もが持ったであろう 「一人暮らし」への憧れ、「東京」 への憧れがヒシヒシと伝わって くる。ジョンレノン、キャンディーズ、 ファーストキス…文体も軽やかで、 カラっと思い出せるのがよい。 洋子と久雄のエピソード、そして 理恵子との関係…過ぎ去った80年代を 改めて噛みしめることができる、 そんな物語だった。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    連作短編集。80年代の東京生活をする青春モノ。時事ネタもいろいろあって楽しめた。

  • KAZOO さん

    奥田さんがこのような青春ものを書いていたとは知りませんでした。1878年から89年までの主人公の東京での生活をさまざまな誰にでもわかる出来事と絡めて楽しませてくれます。懐かしい気持ちでいっぱいになります。一つの時代を若い人物を猿回しにして描いたということなのでしょう。

  • テディ さん

    名古屋から東京の予備校に上京した田中久雄。彼の浪人時代、大学演劇部で彼女ができる時間、広告業界に就職、駆け出しを経て仕事を任されるコピーライターになる過程、母親と友人に仕組まれた気が強い見合い女性に翻弄、バブル絶頂期に地上げ屋社長に見込まれ有頂天になる日々。区切りの30歳を前に友人の結婚式前夜の男友人だけのパーティー。各章ごとにキャンディーズ引退、江川のデビュー戦、レノン射殺、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの崩壊が描かれており懐かしさも味わえた。バブルに向かって走っていたあの頃。眩しい作品であった。

  • Atsushi さん

    一浪の末、無事大学に合格し上京したころが鮮やかによみがえった。東京初日の心細さと言ったら。初めて行った新宿は何かのお祭りかと思うばかりの人たちに圧倒された。あれから幾星霜、平成も今年で最後とか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田英朗

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品