ガール 講談社文庫

奥田英朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062762434
ISBN 10 : 4062762439
フォーマット
出版社
発行年月
2009年01月
日本
追加情報
:
15cm,312p

商品説明

すべての女性に「これって、私のこと!」と言わしめた爽快ベストセラー
生涯一ガール。結婚しても、仕事してても。

わたし、まだオッケーかな。ガールでいることを、そろそろやめたほうがいいのかな。滝川由紀子、32歳。仕事も順調、おしゃれも楽しい。でも、ふとした時に、ブルーになっちゃう(表題作)。ほか、働く女子の気持ちをありえないほど描き込み、話題騒然となった短編集。あなたと彼女のことが、よくわかります。

内容詳細

わたし、まだオッケーかな。ガールでいることを、そろそろやめたほうがいいのかな。滝川由紀子、32歳。仕事も順調、おしゃれも楽しい。でも、ふとした時に、ブルーになっちゃう(表題作)。ほか、働く女子の気持ちをありえないほど描き込み、話題騒然となった短編集。あなたと彼女のことが、よくわかります。

【著者紹介】
奥田英朗 : 1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』(講談社文庫)でデビュー。第2作『最悪』(講談社文庫)がベストセラーとなる。続く『邪魔』(講談社文庫)が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』(文春文庫)で直木賞を受賞した。その他の著書に『家日和』(集英社、柴田錬三郎賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    男性が読めば女性に対する見方が変わると思うし、女性が読めば元気が出る作品だと思います。 私もこの主人公と同じ年代まで、もうちょっとです(汗

  • 青葉麒麟 さん

    映画版を先に観たせいか、読んでいる最中、脳内でキャストがグルグル回っていた。男性作家なのに何故に此処まで妙齢の女性の気持ちが判るのかが不思議。「ひと回り」の容子が可愛かった。吉瀬美智子ははまり役だったな。

  • まるけん さん

    奥田英朗氏の、『取り扱い注意年代』の女性達を描いた短編集。 およそ7割以上が女性という職場に勤務していると、眼や耳にしたことのあるシーンの連続攻撃。 彼の作品を手にしていつも思うことだが、奥田氏は本当は女性なのでは…??。多くの男性作家には気がまわらない、小説に登場する女性達のファッションの描写が秀逸。しかも彼女達の心理描写がアルアルの連続。奥田氏が男性だとすると、異性に対する卓越した観察眼をお持ちか、もしくはこの世のものとは思えない?突出した女性経験をお持ちとみた。

  • まひはる さん

    男性でここまで女性心理描くって凄すぎる!働く女性のリアルな心理が分かって大変面白かったです!男性こそ読むべき本ですね。

  • きさらぎ さん

    「生涯一ガール」かぁ。肩肘張らずにゆるゆる〜っとさらさら〜っと生きていきたいと思っているけれど、納得することばかりだった。スポーツ選手はみんな年下になり、誘われる機会が減り、結婚かマンション購入かの選択で悩み、若さに嫉妬し、怒ればヒステリーを起こしたと言われ、男には女だというだけで軽く見られる。あー世の中生きづらくなってきたなぁなんて嘆いてみても何も変わらない。もっと若さを行使しておくんだった。「男は心のどこかで、女のか弱さを求めている。強い女なんて好きじゃないのだ」やっぱり本音はそうなんだろうなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田英朗

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を

プロフィール詳細へ