図説 ヴィクトリア朝の子どもたち  ふくろうの本 / 世界の文化

奥田実紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762890
ISBN 10 : 4309762891
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;22

内容詳細

階級意識が強いヴィクトリア朝で、子どもの世界は光と影がはっきりとしていた。子どもたちは大人のもとで、どのように生きていったのか、生きていかざるをえなかったのか?誕生から「大人」になるまでの、子どもたちの物語。

目次 : 序章 “子ども”とは?(ヴィクトリア朝とは?/ 子ども観が変わる/ 家庭のあり方が変わる)/ 第1章 誕生(赤ちゃん、生まれる/ 子だくさんは当たり前/ 子どもの死/ 生まれたあとの儀式/ 赤ちゃんに着せる産着/ おむつ)/ 第2章 赤ちゃん時代(0歳〜2歳)(ヴィクトリア朝の子育て/ 赤ちゃんの健康のために/ 孤児と救貧院)/ 第3章 幼児時代(2〜5歳)(子ども部屋/ 子どもたちの一日/ 子どもたちの服/ 子どもの本の誕生)/ 第4章 学童時代(6歳〜13歳)(子どもたちの教育/ 働く子どもたち/ 子どもたちの食事/ 子どもたちの楽しみ)

【著者紹介】
奥田実紀 : 編集者、コピーライターを経てフリーライターへ。赤毛のアン、タータン、児童文学、国産紅茶等、さまざまなテーマで精力的に取材を行い、書籍を多数出版。雑誌や新聞への寄稿、ラジオ出演、カルチャーセンター等での講演会も行う

ちばかおり : 児童書を中心に編集、デザインに携わる傍ら、『ハイジ』『若草物語』などの海外児童文学、およびテレビアニメシリーズ『世界名作劇場』を研究、聞き取り、実地調査を重ねる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chitotaka さん

    19世紀末、ヴィクトリア女王の時代のイギリスに生まれ育った子どもたちの暮らしについて書かれている。厳然とした階級社会であり、所属するクラスによってその日常生活は大きく異なっている。児童文学等で書かれているのは大抵中流クラスの子どもだが、食べるものにも事欠く、貧しい労働者階級の子どもの暮らしの過酷さには驚く。反面上流階級の親たちは日々の社交に追われ、子どもたちの養育は雇人まかせでろくに我が子と交流する機会もなかった。子どもの成長には家庭の愛情が必要という考え方もこの時代に生まれたという。

  • takakomama さん

    ヴィクトリア朝は1837年〜1901年の64年間。産業革命や鉄道の発達、万博など世の中が大きく変化した時代。子どもの誕生から学童時代(13歳)までの生活や児童文学などがわかりやすかったです。孤児や労働者階級の子どもたちの状況は過酷です。

  • さくは さん

    ネズビットやバーネット、ディケンズといった英国児童文学に描かれたヴィクトリア朝の子どもの暮らし。上流〜労働者階級までカバーしている。赤ちゃん、幼児、学童時代に分け13歳ぐらいまでの子どもの生活、服装、教育、子どもの本、労働、食、娯楽など。図版豊富。

  • 夢魔満 那子 さん

    創作の資料用に購入。 ヴィクトリア朝に関して書かれた書籍で、「子ども」に着目したのはなかなか面白いと思いました。 年齢、成長段階ごとに衣服や遊び、読まれていた物語などが記されているので、個人的には読みやすかったですね。

  • えってぃー さん

    子育ての仕方が興味深い。ぐるぐる巻きの赤ちゃん

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田実紀

編集者、コピーライターを経てフリーライターへ。赤毛のアン、タータン、児童文学、国産紅茶等、さまざまなテーマで精力的に取材を行い、書籍を多数出版。雑誌や新聞への寄稿、ラジオ出演、カルチャーセンター等での講演会も行う

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

おすすめの商品