太田裕美
チケット受付中

太田裕美 レビュー一覧

太田裕美 | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

77件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 何回も読み返したくなるような素晴らしい短編小説を読...

    投稿日:2021/07/25

    何回も読み返したくなるような素晴らしい短編小説を読んだような気分にさせてくれる「松本隆」の詩の世界が美しい太田裕美のサード・アルバムであり彼女の最高傑作。ポップスのマエストロ筒美京平先生の曲も「あの頃の空気感を的確にとらえていて」当時の青年は、ちょっぴり切なくなります。

    スウィート・ソウル さん

    0
  • 太田裕美 Singles 1978〜2001は大変貴重で高音質のSAC...

    投稿日:2021/07/25

    太田裕美 Singles 1978〜2001は大変貴重で高音質のSACDのベストアルバムです。前回の『Singles 1974〜1978』に続くシングル・コレクションでありシングルのAB面を発売順に収録しています。またLP未収録の大変貴重なB面曲を13曲も収録していますのでコアな「太田裕美ファン」も納得の1枚だと思います。

    スウィート・ソウル さん

    1
  • 太田裕美 Singles 1974〜1978は2003年にSACDとし...

    投稿日:2021/07/25

    太田裕美 Singles 1974〜1978は2003年にSACDとしてリリースされた大変貴重で高音質なベスト盤です。シングルのAB面を発売順に収録してありファンなら誰でも知っているLP未収録のレア音源を4曲(「リラの花咲く頃」「揺れる愛情」「銀のオルゴール」「マニキュアの小壜」)が収録されているだけでも即購入ですね。

    スウィート・ソウル さん

    0
  • このSACDシリーズのうち「太田裕美 Singles 1974〜197...

    投稿日:2021/05/21

    このSACDシリーズのうち「太田裕美 Singles 1974〜1978」は太田裕美のアイドル時代を網羅していて、一般的に有名な曲は、そっちの方に多く収録されている印象だが、通は断然、こちらの「太田裕美 Singles 1978〜2001」を好む。特に1979年〜80年頃の楽曲については、かなり成熟したニューミュージックとしての仕上がりをみせていて、いずれも名曲ばかりなのである。実にB面の曲も捨て曲なしという素晴らしさだ。当時はシティポップの大流行が足音を立てて駆け寄って来ていた時期でもあるので、太田裕美の曲は地味に映っていたかもしれない。でも、ぜひ、本作に収録の名曲の数々を多くの方に発見していただきたい。

    u.f.o.313 さん

    0
  • テレビやなんかで歌われるのは「木綿のハンカチーフ」...

    投稿日:2021/05/13

    テレビやなんかで歌われるのは「木綿のハンカチーフ」や「九月の雨」「さらばシベリア鉄道」だと思いますが、正直そのどれもにピンと来なかった自分は、太田裕美さんの魅力に気付くのにだいぶ遅れてしまいました。リアルタイム世代じゃない自分としては、「振り向けばイエスタディ」「青空の翳り」「君と歩いた青春」こんなさり気なくも洗練された名曲をもっと早く耳にする機会があれば…と思ってしまいます。今では、ベストからもれた名曲探しへと、各オリジナルアルバムを聴きまくっています。このベストはジャケ写もいいですよね。

    イエナ さん

    0
  • 太田裕美さんが歌う童謡集。聴いてみるととても童謡に...

    投稿日:2021/05/07

    太田裕美さんが歌う童謡集。聴いてみるととても童謡にあった歌声だなと思いました。こころがとても癒されます。

    タラ さん

    0
  • 太田裕美の曲は特に初期が気に入ってます。声が美しく...

    投稿日:2021/05/05

    太田裕美の曲は特に初期が気に入ってます。声が美しく、今でも変わらずに美しい声を聴かせてくれているのはすごいと思います。松本−筒美コンビの曲も太田裕美の歌声にピッタリとはまっています。いつまでも歌い続けて貰いたいと、切に願っています。

    えっじ さん

    0
  • タイトルに「12」とついているように、12曲が収録され...

    投稿日:2021/04/29

    タイトルに「12」とついているように、12曲が収録されているが、作曲者がすべて異なっている。阿木燿子・宇崎竜童、荒井由実、伊勢正三、イルカ、谷村新司などなど豪華なラインナップだ。「湘南アフタヌーン」の作曲者・山田つぐとは山田パンダのこと。「恋の予感」は太田裕美自身の作詞・作曲。1976年の発売当時から裕美ファンには人気が高いアルバム。同時期にシングルカットされたのは、「最後の一葉」だが、後に「君と歩いた青春」(作詞・作曲は伊勢正三)もシングルカットされている。 私は、太田裕美は声質も含め「ぼく」という歌詞が最も似合う歌手だと今でも思っている。そういった部分が遺憾なく発揮されたのは「君と歩いた青春」だろう。この曲は先に伊勢正三の「風」のサードアルバムに収録されたもののカバーだが、どちらのアルバムでも人気が高かった曲で、今も多くのファンに支持されている。シングルカットが5年後の1981年でなく1976年当時であれば、かなりヒットしたと思われてならない。同曲のファンでもアルバムバージョンのアレンジのファンは根強くいる(私もそうだ)。 時代もあるし、太田裕美という存在もあって、全体にフォーク色が強いものの、地味ながら今でも根強いファンを持つ曲が多い。私も「あさき夢みし」「失くした耳飾り」「ミモザの下で」「恋の予感」などは今でも時に聴いている。ちなみに私は、「なごり雪」よりも「君と歩いた青春」を、伊勢正三の最高傑作だと考えている。

    ねも さん

    0
  • 本作が発売された1977年私は高校生。太田裕美は歌謡番...

    投稿日:2021/04/29

    本作が発売された1977年私は高校生。太田裕美は歌謡番組で「木綿のハンカチーフ」などを歌う歌謡曲歌手として有名になっていたが、山口百恵、桜田淳子、キャンディーズらの同年代歌手に比べ人気はいま一つの感じでした。私が大学に入学したあと、大学での友人がこれいいよと教えてくれたLPレコードがこの「こけてぃっしゅ」。彼は特に「トライアングル・ラブ」が好きだと言っていた。このアルバムからは「九月の雨」がヒット曲として知られているが、「トライアングル・ラブ」もいい曲だ。いずれも筒美京平さん作曲。 「恋愛遊戯」もシングルカットされたがあまりヒットしなかった。 私は洋楽ロック、ジャズ。フュージョンを好んで聴き、邦楽はあまり聴かないが洋楽ファンが密かに関心を持つ日本人女性歌手(ミュージシャン)というのがいて、太田裕美はその一人ではないかと思う。バック演奏が名うてのミュージシャンであるとかロックやジャズのテイストがあったりで女性シンガーがそれに負けず対峙しているとかの理由ではないかと思う。単に歌謡曲歌手とかアイドルでは納まらない何かを持っている人たちだ。松任谷由実、竹内まりやはさらにその上をいく存在であり、大貫妙子、水越恵子もロックファンには気になる女性シンガーだ。 振り返れば「こけてぃっしゅ」は人気歌手としては絶頂期を越えた後の作品ではあるがシンガー太田裕美としては最高の一作であると思う。

    30ラロッカ さん |60代

    0
  • 最近、昭和歌謡がブームになっており、色々聞いてみま...

    投稿日:2021/03/17

    最近、昭和歌謡がブームになっており、色々聞いてみますが、私は「木綿のハンカチーフ」が最高傑作だと思います。ちなみに、このアルバムに入っている、松本隆と荒井由実による「袋小路」という曲もとても気に入りました。

    タラ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%