東京居酒屋十二景 集英社文庫

太田和彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087440256
ISBN 10 : 4087440257
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
237p;16

内容詳細

大学入学と同時に東京へ。気づけば半世紀の時が流れた。自分を育ててくれた思い出の町を訪れ、お気に入りの居酒屋をめぐり歩こう。芸術と文化を学び刺激的な日々を送った新宿。資生堂デザイナーとして20年通っていた銀座。独立して事務所を構えさらなる飛躍を誓った麻布―。時代が移り変容しながらも、変わらぬ風景が残る12の町を描き、郷愁をつづる太田流「東京案内」(『東京エレジー』改題)。

目次 : 春・田端/ 夏・浅草/ 秋・阿佐谷/ 冬・新宿/ 春・湯島/ 夏・銀座/ 秋・日暮里/ 冬・麻布/ 春・下北沢/ 夏・佃/ 秋・神保町/ 冬・千駄ヶ谷/ 松本―東京前史

【著者紹介】
太田和彦 : 1946年北京生まれ。長野県松本市出身。68年資堂生宣伝部制作室入社。89年独立し、アマゾンデザイン設立。2000年〜07年東北芸術工科大学教授を務める。本業のかたわら居酒屋探訪をライフワークとし、多数の著作やテレビ番組がある。『ニッポン居酒屋放浪記』他多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のぶ さん

    太田さんの居酒屋探訪シリーズ。今回は「東京エレジー」を改題した本ということで、紹介は東京の12の町に限られている。本作はお酒の話題は控えめで、太田さんが大学入学と同時に東京へ出てきて、デザイナーを目指し資生堂に入社し、20年通っていた銀座。独立して事務所を構えさらなる飛躍を誓った麻布等、郷愁の込められた一冊になっている。戦後間もなく中国から日本に渡った生い立ちにも触れられているところも今までになかった部分。その辺のところと、町の情景がうまくマッチして描かれていたエッセイだった。

  • しょーくん@本棚再編中 さん

    ★★★★★☆☆☆☆☆タイトルには居酒屋と入っていますが、内容は、東京の四季の移り変わりに、太田さんの自伝的文章が絡み合ったエッセイというところでしょうか。居酒屋探訪を目当てにしていたので拍子抜けの感もありますが、これはこれでいいかなと思いました。

  • ひろき さん

    居酒屋より著者の青春物語かな

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

太田和彦

1946年中国・北京生まれ。長野県松本市出身。デザイナー、作家。東京教育大学(現筑波大学)教育学部芸術学科卒業。資生堂宣伝部制作室のアートディレクターを経て独立。2001〜08年、東北芸術工科大学教授。本業のかたわら日本各地の居酒屋を訪ね、多数著作を上梓(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品