山の宿のひとり酒 ニッポンぶらり旅 集英社文庫

太田和彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087455779
ISBN 10 : 4087455777
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
296p;16

内容詳細

山の香に包まれて独酌を楽しむ青梅の旅。川越では蔵造りの町並みをさまよい三軒はしご。なじみの居酒屋訪問から始まる藤沢の旅では観光スポット・江の島を完全ガイド。軍港・横須賀で近代化の歴史に肌で触れ、山深き高山で日本の美を再発見。一関では算額なるものに目がテン。締めくくりの大津では地酒と鮒寿司の抜群の相性に大感動―居酒屋愛を引っさげて、ぶらり一人旅。シリーズ最終巻。

目次 : 早春の御嶽神社詣で/ 犬、土、小説大菩薩峠/ 文人、画家の愛した奥多摩/ 多摩川の橋物語/ 山の宿のひとり酒/ ワンダーランド青梅/ 土蔵は左官の華/ 知らない町で三軒はしご/ 東京から三十九分/ ビールとひと夏の恋〔ほか〕

【著者紹介】
太田和彦 : 1946年北京生まれ。長野県松本市出身。68年資生堂宣伝部制作室入社。89年独立し、アマゾンデザイン設立。2000年〜07年東北芸術工科大学教授を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のぶ さん

    太田和彦さんの本は相当数読んでいるが、自他共に認める居酒屋探訪家なので、過去に読んだのは、お酒を中心の本がほとんど。この本ももちろんお酒に関する話題も載っているが、今まで読んだ中でお酒の一番控えめな紀行文だった。だが、それでもとても味わいのある内容で、訪ねている場所も、青梅、川越、高山、一関等、旅情をそそられる場所が揃っていて面白かった。居酒屋があまり表に出ていなくても、いろんな話題が載っていて楽しい。太田さんは博学なので、紀行文として成り立つのだろう。気軽に読める名著。

  • しょーくん@本棚再編中 さん

    ★★★★★★☆☆☆☆遂にシリーズも最終作。毎度ながら思うのですが、太田さんのような旅をしてみたいですねぇ。

  • miwapicco さん

    吹奏楽コンクールを鑑賞していたり、琵琶湖周りで飲んでいたり(*´`)大変な親近感。もうシリーズ終わりなのかー、、

  • Naoko Takemoto さん

    7時間に渡る全身麻酔の後の頭の回転というのは、悲しくなるほど鈍くなるもので、推理小説を読もうと頑張るが全く頭に入ってこない・・。(よって暫くは諦める)しかし、居酒屋専門家の太田和彦氏の気軽な旅エッセイはすんなり頭に入ってきたぞ。よし!元気になったらここへ行こう!あそこへ行こう!飲むぞ!ツィー・・・・・・、私、大丈夫だ!日帰りでもいいような町にあえて一泊することの意義。宿泊することで見える町の歴史と素顔がある。あとがきを読むとしみじみ思う。安心して、旅と酒を楽しめる世の中であって欲しいよね。

  • ronny さん

    図書館のお正月イベント「本の福袋」に入っていた一冊。日本各地を旅して周り、その土地の風物、歴史を感じつつ夜は居酒屋などにて酒を呑む。いいですねえ。初めて読みましたが、いきなりシリーズ最終巻かい。でも、最初の旅の目的地がなんとわが地元。知っている場所がいくつも出てきて楽しかったです。その他の町もどれも行ってみたいなと思わずにはいられません。シリーズの他の作品も読んでみたくなりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

太田和彦

1946年中国・北京生まれ。長野県松本市出身。デザイナー、作家。東京教育大学(現筑波大学)教育学部芸術学科卒業。資生堂宣伝部制作室のアートディレクターを経て独立。2001〜08年、東北芸術工科大学教授。本業のかたわら日本各地の居酒屋を訪ね、多数著作を上梓(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品