みんな酒場で大きくなった 河出文庫

太田和彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415017
ISBN 10 : 4309415016
フォーマット
出版社
発行年月
2017年01月
日本
追加情報
:
219p;15

内容詳細

酒場の達人×酒を愛する著名人による対談集。通もうなる名店を舞台に、人生のあんなことやこんなことを角野卓造・川上弘美・東海林さだお・椎名誠・大沢在昌・成田一徹という豪華メンバーと太田和彦が語り尽くす。酒の席だからこそ飛び出したマル秘ネタも満載の、読めば飲みたくなる一冊!「太田和彦の仕事と酒」も文庫特別収録。

目次 : その1 下北沢 角野卓造/ その2 下高井戸 川上弘美/ その3 荻窪 東海林さだお/ その4 新宿 椎名誠/ スペシャル漫画 オオタのぶらり失恋酒 尾瀬あきら/ その5 「居酒屋案内人と飲みに行く」 大沢在昌/ その6 「夜の銀座。酒飲みのユートピア」 成田一徹/ 巻末特別収録 ALONE AT NIGHT 太田和彦の仕事と酒

【著者紹介】
太田和彦 : 1946年生まれ。資生堂宣伝制作室デザイナーを経てデザイン事務所設立。2001〜08年東北芸術工科大学教授。本業のかたわら日本各地の居酒屋を訪ね著作を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐々陽太朗(K.Tsubota) さん

    角野卓造氏との東西居酒屋番付談義、川上弘美氏が語る文章が「夜中の恋文」になってしまわないための推敲方法、東海林さだお氏に対するひとり居酒屋指南、太田氏の椎名誠氏へのあこがれ、大沢在昌氏と北方謙三氏との友情、成田一徹氏との銀座のバー談義、全てが楽しい。私にとって本書の登場人物は憧れの存在であり、酒の飲み方のお手本だ。久しぶりに北方謙三を読むか。いや藤田宜永がいいか。ひとり居酒屋で余計なことをしゃべらず、唯々本を読む。なんてハードボイルド!

  • ユメ さん

    太田和彦さんが居酒屋で酒を愛する同士と語らう対談集。お相手は角野卓造さん、川上弘美さん、東海林さだおさん、椎名誠さん、大沢在昌さん、成田一徹さんと錚々たる顔ぶれだ。「東西居酒屋番付」を決めようと熱く議論する太田さんと角野さんの見識の深さに圧倒されたり、川上さんの『センセイの鞄』のモデルとなった店の話に聞き入ったり、大沢さんが語るハードボイルド作家仲間の美しい絆にぐっときたり……本当に、一冊で何度も美味しい。よい店のようだ。どなたの話ぶりからも、居酒屋という文化を守る場への敬愛が滲み出ているのがよかった。

  • ドナルド@灯れ松明の火 さん

    居酒屋放浪記の太田さん対談集。角野卓造、川上弘美、東海林さだお、椎名誠、大沢在昌、成田一徹の6名だが皆個性があって素晴らしい対談となっていた。角野さん全国の居酒屋に行っていてその詳しさと的確な店選びは意外。太田さんが椎名さんのあやしい探検隊に同行していたのは知っていたがその裏話的対談、対談中食べずにビールしか飲まない椎名さんにびっくり。大沢さんの居酒屋が苦手というのも意外だった。居酒屋に行きたくなる一冊。お薦め

  • miwapicco さん

    対談なので、あっという間。けれど中身はぎゅっと、東海林さだおさんや川上さんに惹かれたものの、大沢在昌さんのエピソードにグッときた。著作読んでみようかな、、 こういう繋がりが楽しい(*´`)

  • カツ さん

    TVではよく見る太田さん。文章はどうだろうと図書館で借りたのはいいが対談本でした。でも、最後の章で太田さんの人と成りがよく分かって面白かった。若いころは随分とアクティブで山登りからアイスクライミングまでしてたとは。御見それしました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

太田和彦

1946年北京生まれ。長野県松本市出身。68年資生堂宣伝部制作室入社。89年独立し、アマゾンデザイン設立。2000年〜07年東北芸術工科大学教授を務める。本業のかたわら居酒屋探訪をライフワークとし、多数の著作やテレビ番組がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品