歌集 つぎの物語がはじまるまで

天野慶

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907891220
ISBN 10 : 4907891229
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
追加情報
:
189p;19

内容詳細

目次 : 1章(ベトナムのチェー/ 愛された骨 ほか)/ 2章(ハンマーダディの杞憂/ オバP ほか)/ 3章(初期歌編)/ 4章(夢のなかまで/ その先の冒険 ほか)/ ボーナス・トラック(『テノヒラタンカ』抄/ 『短歌のキブン』抄)

【著者紹介】
天野慶 : 1979年10月19日生まれ。東京都三鷹市出身。短大で短歌サークル「はるか」を立ち上げる。98年、高瀬一誌さんの誘いで「短歌人会」に入会。「CUTiE Comic」連載「マスノ短歌教」に投稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 太田青磁(Sage) さん

    波照間のひかりを浴びた黒糖を溶かしたチャイであたたまってね・おみやげのはちみつ最後のひとさしを朝のひかりのなかへと溶かす・複雑にカスタマイズする珈琲は、珈琲だけは思いどおりに・てのひらに月のちからをためてから〈送信〉あおいひかりを飛ばす・会うたびに重ねていった輪郭はもう戻れないほどまでに濃く・目的地まで共にする旅人の距離感のまま暮らしは続く・夕焼けの歩道橋では立ち止まるやがて出てゆく街を見渡す・落下する視力を受け止めるためのむらさきいろ不安な果実・ラッセルを胸に走らせ何度でもあたらしく降る雪に祈ろう

  • はち さん

    4部プラスおまけ付きの、ベスト盤のような歌集。初期歌編から、漫画から、以前の歌集からの作品も、脚本まで、まるでおもちゃ箱のような一冊だ。第四部の出産や義父の死、東日本大震災以降を描いた歌がとても好き。それにしてもカンタンタンカから入ってきてる天野さんが初期とは言え文語を使っているのは面白いなぁ。今の文体はとてもナチュラルなのに。

  • のむ さん

    北村薫の文章読本系の著書(題は忘れた)で知った天野慶。一冊の本で読むのは初めて。彼女の短歌だけでなく、それを基にした脚本や漫画なども盛りだくさんで、とってもボリューミー&フレキシブル。IV章などは短歌のみであるけれども殆どエッセイである。好きだな、と印をつけた歌は多々ありますが、あえて(?)「楽園で不老で不死でアダムしかいないだなんて 退屈で死ぬ」を挙げておきます。あとボカロPのおばさん。

  • アキヒコ さん

    W章が特に好き。この現実の世界がSFの世界だったことがわかりました。 W章は横文字が使われた短歌が多く、浅学なため都度調べたのですが、天野慶さんはこういう単語を見るとすぐにシナプスがつながって、SFの世界設定になるのでしょうか。

  • MN さん

    「ほしいのは勇気 たとえば金色のおりがみ折ってしまえる勇気」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品