天狼プロダクション

人物・団体ページへ

グイン・サーガ・ワールド 5 ハヤカワ文庫JA

天狼プロダクション

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150310813
ISBN 10 : 4150310815
フォーマット
出版社
発行年月
2012年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
333p 15cm(A6)

内容詳細

大河ロマン〈グイン・サーガ〉の続篇を書き継いでいくプロジェクト第5弾。ついに正篇の続篇が開始され、ここに新たなるグイン・サーガの世界が始まる! 
イシュトヴァーンの無謀を憂う「パロの暗黒」五代ゆう、ケイロニアの悲運を悼む「サイロンの挽歌」宵野ゆめ/トリビュート作品「タイスのたずね人」図子慧/伊集院大介シリーズ「スペードの女王」栗本薫/評論「現実の軛、夢への飛翔」八巻大樹/エッセイ 今岡清

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chiseiok さん

    店頭の平積みで「あ、グイン・サーガ・ワールドまた出てるんだ…」と表紙見たら、【本編続編連載開始!】の文字。自分でもびっくりのテンションで即買いでしたw。賛否両論あるとは思いますが、自分はグイン・サーガの物語世界を動かしてくれた両作者に超感謝です。お二人には凄いプレッシャーだとは思いますが、ストーリーも十二分に楽しめたし、是非この先も描き続けてほしいです。イシュトが、ヴァレさんが、グインが生きてる…(;▽;)

  • しゃお さん

    やはり違和感はおぼえるものの、それでも正編の続きが読めるのは嬉しい。果たしてどのようの物語は転がっていくのか。そしていま感じている違和感もいつかは慣れていくのだろうか、続きを楽しみに待ちたいと思います!

  • いちみ さん

    いよいよグイン・サーガの本編続編…ということで。予想はしていたが、栗本さんの作品を愛し過ぎていると異和感をぬぐえない感じ。栗本グインの完璧な続編としてではなく、あくまでも「別の作家による作品」であることを心得て楽しむべきだろう。 そしてまたしても、今岡さんのエッセイに泣ける。

  • ここは さん

    違和感はあれど、正編再開でグインやイシュトが動き出したのはやはり嬉しい。まあ正編が2つというので、これはきちんと物語が収束するのかは不安なのだが。

  • ettyan さん

    正篇の続篇のみ読了 五代ゆうさんのイシュトが,やけに荒々しい性格だったり。ヴァレリウスが大仰なしゃべり方をするなど,少しマンガチックになっているが,読みやすい。いや,悪くない。もちろん違和感はあるが嫌いじゃない。 宵野ゆめさんのグインパートは,何とも違和感がない。もっとも,あんまりグインを動かしていないので,まだわからないが街の人々の声の描き方など,本当に続編という感じでなんとも期待が高まる。 どんな形にせよ,本当に完結するのであれば,がんばってほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品