ヨンケイ!!

天沢夏月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591168868
ISBN 10 : 4591168867
フォーマット
出版社
発行年月
2021年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
308p;19

内容詳細

慢性的な人数不足に悩む離島・大島の渚台高校陸上部に奇跡的に4人の男子スプリンターが揃った。インターハイ予選を目前に控え、4×100mリレー(いわゆる四継)に挑むことになるが、メンバーの人間関係はサイアク…。しかし、それぞれが悩みを抱えながらも、本気でぶつかり合ううちに次第にチームに変化が―。たった40数秒に秘められた感動の青春ドラマ!!

【著者紹介】
天沢夏月 : 1990年生まれ、東京都出身。『サマー・ランサー』にて第19回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
書評で面白そうだったので読んだ。1走から...

投稿日:2021/04/12 (月)

書評で面白そうだったので読んだ。1走から4走まで求められる役割が違うってこともわかったし、それに合わせた4人の葛藤や成長が描かれ、納得の結末だった。

マスター さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんごろ さん

    大島(東京)の高校の400bリレー(ヨンケイ)メンバーの4人。島の高校のハンデを乗り越えてインターハイを目指すも、コンプレックス、スランプ、悩みやらがあり気持ちがバラバラの4人。予選でもバトンの受け渡しも上手くいかず。それでも、一人一人が仲間を知ることで絆が深まっていく。王道の物語ではあるが、4人の気持ちがひとつになる過程が面白い。駅伝が次に繋ぐのであれば、ヨンケイは繋ぐというよりは託すという感じに思う。この物語、大島の風景が浮かび大島に行ってみたくなる。大島で満点の星空を見てみたい。

  • みかん🍊 さん

    東京の離島大島の高校の陸上部は部員数が少ない、東京から転向生がやって来たことから4継(4×100mリレー)をやろうと顧問から言われる、陸上は個人競技ということで部員たちはあまり仲良くもなく、友情とか信頼とか仲間意識もなかった4人だったが、リレーはその日の走りとかメンタルとかお互いの事が分かっていないといけない競技、それぞれ走りに対する意義とか記録が伸びない失望、嫉妬様々なモヤモヤを抱えたまま試合が始まる、4人の中で変わっていく心境の変化、信頼を得てバトンを繋ぐ、4継を走る事で気づく事、得る物がある。

  • ゆみねこ さん

    天沢夏月さん、初読み。大島の高校陸上部、メンバーが4人揃うことは少なく、ヨンケイにエントリー出来るチャンスはまれ。本土からの転入生を迎え顧問からエントリーを告げられるが…。チームワーク最悪の4人それぞれの章で綴られるインターハイへの挑戦。中高と陸上部、ヨンケイ経験者としても熱く挑んだ日々を懐かしく思い出せた良書!お薦めです!

  • future4227 さん

    今年、高校入試で最も出題が多かった本。うわー、そこで終わるかぁ。その先が知りたーいと思う反面、いやこの終わり方の方が余韻があって断然いいとも思う。大島の高校生4人が400メートルリレーに挑む。4人で継走するから四継(ヨンケイ)。みんなそれぞれに事情を抱え、個人個人の能力は高いのにチームワークは最悪。あー、男子高校生ってめんどくせー生き物だな。もっと素直になれよ。でも、彼らがリレーで得たものは、人生において大きな財産となったはずだ。部活ってこうあるべきだよ。暴力振るって無理矢理強くするもんじゃないよね。

  • fwhd8325 さん

    青春、スポーツ。これだけで十分です。4×100メートルリレーを描いた物語です。陸上競技の中でもっともエキサイティングな種目かもしれません。そして、この競技がチームプレーであることを気づかせてくれました。臨場感があり、爽やかな作品でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品