天久聖一 / タナカカツキ

人物・団体ページへ

バカドリル いくよ 扶桑社文庫

天久聖一 / タナカカツキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594022877
ISBN 10 : 4594022871
フォーマット
出版社
発行年月
1999年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,170p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いっちゃん さん

    最初どんなのか、パラパラ見るつもりが読み終わってしまった。ばかばかしくて、笑える。子供も絶対好き。

  • TERRY さん

    本棚にあるの見つけ久しぶりに再読。掃除するつもりがページめくる手が止まらない。このバカバカしさ、嫌いじゃない(*´-`)

  • コモヒ さん

    まちがった体重計ののり方読んでる時に料理が運ばれてきて恥ずかしかった。これデッサンの練習したいだけでは・・?とちょっとだけ思った。サッカーボール(昔のやつ)って合ってそうに見えるのに、違うのね。難しいね。

  • karatte さん

    ブックオフにて105円で。たねのうえかた、間違った体重計ののり方、湯かげんのみかた、カレンダーのめくり方、メガネのかけ方、おもな決まり手など。モダンでやさしいミラネーゼをイメージしたカバーとのこと。

  • Susumu Tokushige さん

    1997年6月に第1刷が発行されている本。約20年前の本なので、ネタの鮮度が恐ろしく古い。『武田久美子のポスターが欲しい(ビール宣伝用の)』と言われても、判る人が何人居るというのだ。この当時では主流であったと思われる『意味不明な行為による笑い(相撲の決まり手で「ピストル」とか)』というのも、今、改めて読むと、意味不明過ぎて不安感しかない。それぞれの時代にのみ生きられるネタというのはあるのだな…と思っていたが、本書は2010年2月に第27刷が発行されている。意外と需要があって驚愕。懐メロみたいな感じなのか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド