孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第3巻 幻冬舎文庫

大鐘稔彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344409231
ISBN 10 : 434440923X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年02月
日本
追加情報
:
16cm,313p

商品説明

実川の上司である卜部教授は、頑として肝臓移植を認めなかった。だが定年後のポストに不安を覚えていた卜部は、手術が成功すれば有名国立病院の院長に推挙するというある人物との裏取引により態度を一変させる。かくして幼児の手術にゴーサインが出され、極秘に本邦初の生体肝移植が始まる。当麻も駆けつけるが、そのとき母危篤の知らせが…。

内容詳細

実川の上司である卜部教授は、頑として肝臓移植を認めなかった。だが定年後のポストに不安を覚えていた卜部は、手術が成功すれば有名国立病院の院長に推挙するというある人物との裏取引により態度を一変させる。かくして幼児の手術にゴーサインが出され、極秘に本邦初の生体肝移植が始まる。当麻も駆けつけるが、そのとき母危篤の知らせが…。

【著者紹介】
大鐘稔彦 : 1943年愛知県生まれ。京大医学部卒業。早くより癌の告知問題に取り組み「癌患者のゆりかごから墓場まで」をモットーにホスピスを備えた病院を創設、手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術をはじめ手がけた手術は約六千件。現在は淡路島の診療所で僻地医療に従事する。小説やエッセイなどの著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tsuyoshi さん

    シリーズ第3巻。母親の看病や過去の恋人の死に至るまでの経緯など当麻の身にまつわる話が多くを占める中、生体肝移植においても決定権を持つ教授達など関係者の思惑やマスコミ対策などに振り回されつつ何とか実施に漕ぎ着けるまでが描かれていた。母親の病状や肝移植の結果など続巻はどう展開するのか?

  • キムトモ さん

    プライベートも騒がしくなり…おかあちゃんも…そげなことに…聡明な女子にも出会い…一人の大人当麻の周辺が騒がしくなり…盟友⁉️実川の肝移植を助太刀し、自分の目指す医療に邁進しているのか〜当麻〜〜 (ノ-_-)ノ~┻━┻母峰子の病床の姿は自分の父のことを思い出してしまい辛かったなぁ〜〜

  • サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥 さん

    上司である卜部教授は、頑として肝臓移植を認めなかった。だが定年後のポストに不安を覚えていた卜部は、手術が成功すれば有名国立病院の院長に推挙するというある人物との裏取引により態度を一変させる。かくして幼児の手術にゴーサインが出され、極秘に本邦初の生体肝移植が始まる・・・・。うーん何というか、本当にこんな駆け引きで、人の命を預かる手術の可否が決まるとしたら、医療は終わりだ。

  • Hitoshi Mita さん

    生体肝移植に乳癌による乳房再建、お母様の脳腫瘍と立て続けに…。蘭医院の自費診療とか、普段あまり縁のない世界がそこには。とても面白かった!次巻も楽しみ!

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    やってきたのは自費診療をおこなっている大腸肛門外科・蘭医院からの紹介患者でしたが・・。シリーズ第3弾。保険診療をおこなっている病院が多い中、蘭医院があえて自費診療に踏み切った理由には色々と考えさせられました。当麻の初恋の話は、あまり感情を表に出さない当麻にもこういう一面があったのかと意外な思いがしました。そして今回のメインとなるのは生体肝移植。でも移植に踏み切るまでに様々な思惑がうごめいていて読んでいてモヤモヤしました。★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大鐘稔彦

1943年愛知県生まれ。1968年京都大学医学部卒。母校の関連病院を経て、1977年上京。民間病院の外科部長、院長を歴任。その間に「日本の医療を良くする会」を起会、関東での初のホスピス病棟を備えた病院の創設や、手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術68件を含む約6千件の手術経験

プロフィール詳細へ

大鐘稔彦に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド