庭のたからもの

大野八生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784097266860
ISBN 10 : 4097266861
フォーマット
出版社
発行年月
2017年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31p;26

内容詳細

四つ葉のクローバー、ハーブ、球根、街路樹、冬のロゼット…。おうちにひろい庭はなくても、いつも通る道、公園、そしてベランダなどで、自分だけの“たからもの”をみつけてみませんか?身近な自然と親しむヒントがたくさんつまった絵本です。

【著者紹介】
大野八生 : 千葉県生まれ。造園会社の仕事などを経て、現在、イラストレーター、造園家として活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    素敵な本です。四つ葉のクローバーとは、ハートの形の葉が集まってつく植物の総称! ブルーベリーやシャクナゲがツツジのなかま? ヘェ〜の連続でした。庭無しマンション住まいですが、ハーブや薬味を育てたくなるような温かい説明と可愛いイラスト。見ているだけで夢が膨らみます。手元に置きたいです。

  • ベーグルグル さん

    何度読んでも大野八生さんの絵はうっとりします。思わず見かけてしまって手に取りました。何度読んでもワクワク。そこらの草花もいとおしく感じました。

  • はるぽん🐰🐱 さん

    タイトルは庭のたからものだけど…いつも通る道、公園、ベランダなどで、自分だけのたからものをみつけてみませんか?だって。それいいね〜♪私たちのまわりにはたくさんのたからものがあるんだ。身近な物でも知らなかったこともたくさん。春一番に咲く花は黄色い花が多いのはなぜ?クローバーの総称のキュートさ♡冬の今、真夏の夜に香る花に焦がれてみたり、寒さにたえるロゼットに頑張れ!と思ったり。そして、スミレからの春のたよりが待ち遠しいな。可愛いだけじゃなく、学べて優しい気持ちになれる素敵な絵本✿*:・゚

  • ベーグルグル さん

    大好きな大野八生さんの絵にひかれて借りてきました。素敵な一冊。庭や道端、公園などに咲いている花や木について、素敵な挿し絵と共に紹介しています。豆知識や、小学校の教科書で学んだ事など、とても興味深い内容でした 。絵を眺めているだけでもワクワク。購入していつでも読みたい一冊です。現在の国語の教科書表紙も大野八生さん。

  • seeds@心 さん

    春に黄色の花が多いのは虫に見つけてもらいやすくするため。クローバーとはハートの形の葉が集まってつく植物の総称でカタバミなども含まれ、夕方には葉を閉じてしまう。シャクナゲやブルーベリーはツツジ科。秋に水仙とアネモネの球根を植えようと思いました。そしてヒヤシンスの水耕栽培を息子とチャレンジしてみようと思います。最近小学校ではヒヤシンスの栽培をしないようです。私が育った地域ではあったのですが娘の卒業した小学校では確か朝顔やトマトの鉢植をしていました。 しかしなんでもなにかを育てるという行為は良いものですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品