FX取引の王道 外貨資産運用のセオリー

大西知生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784532357269
ISBN 10 : 4532357268
フォーマット
発行年月
2017年06月
日本
追加情報
:
264p;19

内容詳細

日本の第一人者Mr.FX Japanが、徹底解説!基本から具体的戦略まで外国為替のすべてがわかる。

目次 : 第1章 外国為替の基本/ 第2章 これがFX取引だ/ 第3章 資産運用はこう進める/ 第4章 FX取引を外貨預金の代わりとして使う/ 第5章 相場分析を駆使する/ 第6章 マトリクス投資法で売買を判断/ 第7章 FX取引の未来

【著者紹介】
大西知生 : 1990年慶應義塾大学経済学部卒業。同年東京銀行入行。その後、ドイツ東京銀行、ドレスナー銀行、JPモルガン銀行、モルガンスタンレー証券等を経て、現在、外資系大手証券会社勤務。一貫して外国為替業務の第一線に身を置く。日本金融学会員。2016年度日本金融学会春季大会、国際金融パネルにて報告者。論文「外国為替証拠金取引とインターバンク市場との関係について」を発表。愛知教育大学非常勤講師。東京外国為替市場委員会副議長、同Code of Conduct小委員会委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • y-u-rao さん

    FXに興味があり、経済知識がある人におすすめの一冊。王道という名前の通り、基本をしっかり押さえつつ、テクニカル分析などの応用的な手法も紹介している。また、筆者の為替ディラーの経験をよく踏まえてあるため、読み物としても面白い。私自身、FXというのはギャンブル性の強い金融取引だという印象があったのだが、実際は外貨預金としての役割も果たし、自由度の高い金融商品であることがよく分かった。一方で、ある程度の知識と忍耐がなければ、収益を上げるのが難しいのは事実で、この本以外にも何冊か読んで勉強するのが良いと感じた。

  • あっくん さん

    FXはやるかわからない…と言いつつ、うっかり始めてしまったので更に勉強すべくこちらの本を購入。FXの成り立ちや仕組みから、使えるテクニックなどをわかりやすく説明してくれる。ボリンジャーバンドやRSI、なるほど…。にわかな知識じゃ勝てないのは少ない経験からも解ったので(笑)ますますしっかり勉強しようと思います。

  • gt50 さん

    タイトルからするとFXのテクニカルを駆使したなんかかな、と思ったけれど為替取引の基礎やどういうものであるかなどが丁寧に書かれている。すごく篤実というか、きちんとした本。ディーラーをしていたり、現役だったりする人の本は、FXという単語が一般に与えるイメージよりも地に足がしっかりついてる感じがする。あと単純に読み物として面白い。

  • gen_wasawasa さん

    いわゆる巷に溢れたFX本とは一線を画した感じ。実際のFXテクニックに直結する内容ばかりではないが、でも確実に知っておいたほうがいい知識が多く書かれている。

  • 松本義和 さん

    FXを仕事でずいぶん前にやっていたが、個人でもやろうかと思い、復習の為に読み始めた。もともと東京銀行でFXをやっていた人なので、書いてあることは、至極真っ当であった。きちんとした理解のためにはとても重要。 ただ、これをしっかり読んでも、相場で勝てるかどうかは別物。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大西知生

1990年慶應義塾大学経済学部卒業。同年東京銀行入行。その後、ドイツ東京銀行、ドレスナー銀行、JPモルガン銀行、モルガンスタンレー証券等を経て、現在、外資系大手証券会社勤務。一貫して外国為替業務の第一線に身を置く。日本金融学会員。2016年度日本金融学会春季大会、国際金融パネルにて報告者。論文「外国

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品