どうする、小学校英語? 狂騒曲のあとさき

大津由紀雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766427882
ISBN 10 : 4766427882
フォーマット
発行年月
2021年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
348p;19

内容詳細

小学校英語をめぐる活発な議論がなされてから約20年。この間に何が変わり何が変わらなかったのか、そして改善に向けて何をすべきか。小学校英語をめぐる議論を再検証し、将来に向けての指針を提言する。

目次 : 編者の視点1 小学校英語の本質を掘り下げ、言語教育の未来を拓こう/ 第1部 言語教育と学校英語教育の観点から(小学校英語活動の現在から考える/ 公立小学校での英語教育―必要性なし、益なし、害あり、よって廃すべし/ 学校英語教育とは何か ほか)/ 第2部 国際理解教育と多言語・多文化共生の観点から(国際理解教育の一環としての外国語会話肯定論―競争原理から共生原理へ/ 小学校英語教育―異文化コミュニケーションの視点から/ 多言語共生社会における言語教育―多様な言語への気づきをきっかけに ほか)/ 第3部 公教育としての英語教育という観点から(日本の英語教育の現状と課題/ 小学校での外国語教育―期待すること、考慮すべきこと/ 小学校英語の必要性の主張のあとに必要なこと ほか)/ 編者の視点2 あとさきを批判的に考えて研究・実践を

【著者紹介】
大津由紀雄 : 慶應義塾大学名誉教授。関西大学・中京大学客員教授。日本学術会議連携会員。Ph.D.(MIT、1981、言語学)。東京言語研究所運営委員長、日本認知科学会会長、言語科学会会長などを歴任。専門は言語の認知科学および言語教育

亘理陽一 : 中京大学国際学部教授。博士(北海道大学、2008、教育学)。中部地区英語教育学会、外国語教育メディア学会関西支部運営委員を務めた後、現在、一般社団法人ことばの教育理事、日本教育方法学会理事。専門は英語教育学・教育方法学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品