文学四方山話

大河内昭爾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784273031763
ISBN 10 : 4273031760
フォーマット
出版社
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,123p

内容詳細

目次 : 文壇四方山話(「対談」田宮虎彦の周辺(杉浦明平)/ 「対談」覚悟ということ(安岡章太郎)/ 「鼎談」檀一雄の詩魂(真鍋呉夫/ 檀ふみ)/ 「鼎談」文学の急所(三浦哲郎/ 秋山駿))/ 食と文学(「対談」ラブミー農場の昼めし(深沢七郎)/ 「対談」越後へ還る(水上勉))

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大河内昭爾

1928年鹿児島生まれ。早稲田大学国文科卒。文芸評論家、武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)学長、名誉教授。日本近代文学の研究者として大学で教鞭を執るかたわら、「食食食」や「食の文学館」など文学と食文化をつなぐ雑誌を主宰、軽妙洒脱なエッセイストとしても知られ、文学と食にまつわる数多くの著作がある。201

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品