心の流浪 挿絵画家・樺島勝一

大橋博之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863290983
ISBN 10 : 4863290985
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
追加情報
:
265p;21

内容詳細

写真よりもリアルに描かれた挿絵。それは、どのような精神から生み出されたのか。その奥深さと画家の域を越えた魅力に迫る。

目次 : 思ひ出の記/ 貧乏のどん底で生れる/ 突如として絵を描く/ ペン画とであう/ 『飛行少年』のころ/ 『海国少年』のころ/ 『新趣味』のころ/ 『アサヒグラフ』のころ/ 『少年倶楽部』のころ/ 『ペン画の描き方』/ 該博と舌魔/ 訃報

【著者紹介】
大橋博之 : 1959年、大阪生まれ。ライター。日本古典SF研究会・会員。日本ジュール・ヴェルヌ研究会・会員。日本SF作家クラブ・会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この人の絵は昔見た覚えがあり、この表紙を見て何かなつかしく感じました。このような挿絵画家がいたことを思い出しました。非常に緻密な鉛筆画を書いていて吼える密林、敵中横断三百里などの挿絵も見覚えがあります。この本で、この人の生涯を様々な作品とともに読ませてもらいました。私以上の年代の人はなつかしいだろうと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大橋博之

1959年、大阪生まれ。ライター。日本古典SF研究会・会員。日本ジュール・ヴェルヌ研究会・会員。日本SF作家クラブ・会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品