ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝ソード・オラトリア 12 GA文庫

大森藤ノ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784815602642
ISBN 10 : 4815602646
フォーマット
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
583p;15

内容詳細

結論から言えば。それは語り継がれることのない物語だ。
誰が勝ち、誰が負け、誰が生き、誰が死に、誰が吠え、誰が嗤い、誰が哭いたのか。そこに富と名誉はなく、倒れた者は歴史に名を刻むこともなく。誰の記憶にも残らぬまま、天の葬列に加わるのみ。
けれど、『彼女達』は臨むのだ。巨大な悪に、邪悪極まる闇に。秩序のため、誇りのため、絆のため、『彼女達』は――冒険者達は最後の決戦に臨むのだ。

「1000年の時を越えて、もう一度冒険者達が下界平和の礎となる! ――ここに新たな神聖譚を記せ!!」

これは、もう一つの眷族の物語、
──【剣姫の神聖譚】──

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    完全勝利を目前に盤上をひっくり返され惨敗を喫した派閥連合。思わぬ形で「エニュオ」の真の目的が明らかになり、オラリオ崩壊を阻止するため総力を結集して再び人造迷宮攻略に挑む外伝第十一弾。今回は一度壊れた人形と化したレフィーヤがキーマンでしたけど、文字通りの死力を尽くした総力戦に因縁の対決もあって、キャラたちの見せ場も満載の凄まじい攻防、切り札に希望を見出すたびに突き落とされる展開の決着はそう来たか!と思わずにはいられませんでした。毎巻熱い展開の連続ですけど、ここからどう本編が展開してゆくのか気になりますね…。

  • まりも さん

    下界の平和を守るため、誰にも語り継がれることのない戦いに挑む英雄達の姿を描く外伝第12弾。圧巻。あまりにも面白すぎて鳥肌が止まらない。あまりにも凄いものを読んでしまったせいか上手く言葉に出来ないというか、何から語ればいいのか分からない。密度がすごすぎるわ。本編、外伝ひっくるめてシリーズ最高の盛り上がりと、最大の規模となった最終決戦。手に汗握るバトルと、涙無しでは読めない大切な人との別れ。これが最終巻でもおかしくないくらいのクオリティだった。どいつもこいつもカッコ良すぎるぜ。最っ高に面白かった。大満足。

  • まるぼろ さん

    さて外伝の方も「都市の破壊者」編完結、六百ページ超のボリュームであったにも関わらず、その内容は超濃密で文字通りの総力戦で、正に死闘、と言う言葉に尽きる話、そして総力戦という事もあってベルを筆頭にヘスティア・ファミリアの面々や勿論アイズにロキ・ファミリアの面々も大活躍な内容でしたが、やはり物語の中心にいたのは紛れもなくレフィーヤでした。特にレフィーヤに関しては前巻から今巻に掛けて中々文字に起こせない程の思いがある訳ですが…、最後のフィルヴィスとの別れのシーンは、とても悲しくとも→

  • Mu さん

    前巻の引きが衝撃的だったので、なかなか読み始めることができなかったのだけど……いやあ、この展開は別の意味で驚いたよ。そしてまたまたとんでもない戦闘の連続。これでもかの展開はほんとに熱かった。物語的にはずっと外伝で追ってきたエニュオ事件の決着。これだけ様々なエピソードが目白押しの中で個人的に一番ぐっと来たのは実はリリが自分に指揮を預けてくれとフィンに告げるところ。その勇気!その心意気!自分の弱さに負けずに前に進もうとするリリはほんといつも感動させてくれる。そしてラストのアイズとベルの姿にホッとさせられた。

  • 君影 さん

    そ・う・きたかあああああああ! 前巻の絶望からの『都市の破壊者』編最終決戦。 エニュオの正体につい↑のように叫んでしまった。 実に578ページに渡る本巻だが一気に読み終えた。超面白かった。 ロキ、ガネーシャ、ヘファイストス、ディアンケヒトの4ファミリア共同での攻略戦。 これは語り継がれることのない聖戦、英雄達は世界を守る偉業を果たす物語。 まさかヘスティアファミリアがこっちの戦いに参戦するとはなあ。 次からは妖精覚醒編とのことで、アイズの諸々が片付く感じですかね。 本編と合わせて楽しみにしてます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森藤ノ

ライトノベル作家。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』で第4回GA文庫大賞“大賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品