NOVA 2期 1 河出文庫

大森望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416519
ISBN 10 : 4309416519
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
追加情報
:
453p;15

内容詳細

華豪執筆陣でおくる、オール読み切り「小さなSF専門誌」。

【著者紹介】
大森望 : 1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家、書評家。責任編集を務めたアンソロジー“NOVA書き下ろし日本SFコレクション”全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • イツキ さん

    一癖も二癖もあるような作品たちなのに読みやすくて作者の個性も強く感じられるという読み応えたっぷりの短編集でした。クリーチャー専門のCGアーティストの秘密をめぐるジェリーウォーカー、メルヘン殺しシリーズのスピンオフかと見せかけて予想外の展開と強烈な印象を残すラストを見せるクラリッサ殺し、50年ほど未来の長期にわたり一人の君主に治められ社会福祉が充実している日本を美しい文章で描き出す流下の日が特に好みです。

  • 月世界旅行したい さん

    私的には片瀬二郎さんの「お行儀ねこちゃん」がベスト。

  • 鷲羽 さん

    "物語にした途端、真実は雲散霧消するのです、と私は答える。実際の出来事とは、無数の無意味な現実で成り立っています。物語において、それらは恣意的に取捨選択され、誰かが登場人物になり、誰かが存在を消されます。そうすることで無意味で豊潤な現実を、意味ある虚構に組み換えてしまうのです。いいですか、私たちが出来事を語ろうとするとき、真実は消えてしまうのです。" (p104)

  • yrin さん

    良かったやつを挙げていくとキリがない、というか収録作品全部面白い。勿論趣味好みでどこまで好きかは差はあるけども、面白くない作品がないんじゃなくて満足行く作品しか収録されてない。 その中でも小川哲「七十人の翻訳者たち」赤野工作「お前のこったからどうせそんなこったろうと思ったよ」小林泰三「クラリッサ殺し」飛浩隆「流下の日」がお気に入り。 流下の日は食い足りない、もっと読みたいが止まらないけども編集後記に多くのスピンオフ作品がある自生の夢と並べられているのでその辺りの今後も期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森望

1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家、書評家。責任編集を務めたアンソロジー“NOVA書き下ろし日本SFコレクション”全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品