NOVA 書き下ろし日本SFコレクション 7 河出文庫

大森望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309411361
ISBN 10 : 4309411363
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
追加情報
:
445p 15cm(A6)

内容詳細

完全新作オール読切SFアンソロジー全10編収録。

【著者紹介】
大森望 : 1961年、高知県高知市生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家、書評家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • キキハル さん

    SF色薄く軽めのアンソロジー短編集。人と無機物(例えば大型バケツ)とで婚姻関係を結べるという小川一水さんに笑わせてもらい。ファッションヘルスに来た客が土星人だったり(環があった)。古い植物標本に一瞬の夢を見たり。そうして、最後の三編「ヒツギとイオリ」「リンナチェーン」「サムライポテト」に唸りました。感覚のないイオリと、自分の感覚を周囲に伝播させるヒツギの関係。死んだ恋人リンナのログを再生し続けるぼく。考える力を持ってしまったバーガー屋のロボットの悲哀。短編ながら吸引力は大きくほどよく酔わせてもらいました。

  • 亮人 さん

    5と6を積んだままなのに7読了。佳作ぞろいで大満足。小川一水は前々からリベラルだとは思ってたけど、ここまで性的スタンスが革新的だとは。イーガンを超えてるんじゃないか?そしてこの本で小川と双璧をなす「土星人」はバカSFじゃない、ただのバカだ。北野勇作は近年、短篇できれきれで復権の兆しが見えよい。宮内・谷・藤田あたりも好き。最後に白眉は「サムライ・ポテト」!!自意識に目覚めたマスコットロボをリリカルに切りとった、意外な傑作。ラストでじーんと来た。

  • Fondsaule さん

    ★★★★☆ 宮内悠介「スペース地獄篇」 小川一水「コズミックロマンスカルテットwith E」 谷甲州「灼熱のヴィーナス」 増田俊也「土星人襲来」 北野勇作「社内肝試し大会に関するメモ」 藤田雅矢「植物標本集」 西崎憲「開閉式」 壁井ユカコ「ヒツギとイオリ」 扇智史「リンナチューン」 片瀬二郎「サムライ・ポテト」 10編の書き下ろしSF短編集。ネット内のAIに融資した金を取り立てる話や、金星上空の空中構造体で大事故が発生する話、全裸美女が宇宙船に現れて結婚を迫る話が面白かった。

  • 雪守 さん

    シリーズ第7弾。今回はどの作品も好みで満足。特にお気に入りは三作。宮内悠介「スペース地獄篇」、続編でも面白さは変わらず。前回は明かされなかった”ぼく”の過去が明らかになってあのプログラミング能力の高さにちょっと納得。編集後記に書かれていた執筆経緯が無茶過ぎて笑いました。壁井ユカコ「ヒツギとイオリ」、役に立たない超能力者の話。決行グロいけど、最後はちょっと温かいです。「サムライ・ポテト」、自我を持ったロボットの描写が見事で、悲劇的な結末が印象に残りました。次巻も続けて読みます。

  • Yuji さん

    積んでた期間長すぎた。全部面白かった(いや土星人襲来は駄目だが)サムライポテト、リンナチューン、ヒツギとイオリ。どれも素晴らしい。レベル高い。開閉式も不気味。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森望

1961年、高知市生まれ。京都大学文学部卒。翻訳家、書評家、SFアンソロジスト。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞。共編の“年刊日本SF傑作選”全12巻で第40回日本SF大賞特別賞受賞。「ゲンロン大森望SF創作講座」主任講師(本データはこの書籍が刊

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド