行き先は特異点 年刊日本SF傑作選 創元SF文庫

大森望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488734107
ISBN 10 : 4488734103
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
608p;15

内容詳細

2016年に発表されたSF短編の精華を集成。第8回創元SF短編賞受賞作を収録。

【著者紹介】
大森望 : 1961年高知県生まれ。京都大学文学部卒。翻訳家、書評家。責任編集の“NOVA”全十巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞

日下三蔵 : 1968年神奈川県生まれ。専修大学文学部卒。書評家、フリー編集者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    弐瓶勉「人形の国」を目当てに読んだが、実に多様な作品が収められ、楽しみながら今のSF状況を知ることが出来た。新進作家がいる中で、眉村卓の作品があったのは嬉しかった。老境に入った作者の私小説的SFで、一番共感してしまったのは、自分も年を取ってしまったということか。巻末には、2016年のSF作品が解説してあるが、読みたい本がいっぱいあって困ってしまう。

  • はるを さん

    ⭐️⭐️⭐️☆☆。割りとハード(に感じた)なSF短編集。まぁ、まぁ。笑。「人形の国」「太陽の側の島」「悪夢はまだ終わらない。」「海の住人」「古本屋の少女」「二本の足で」「電波の武者」は面白く愉しく読めた。反面、つまらないのは恐ろしくつまらなかった。途中で読むのを止めたのもある。

  • かわうそ さん

    年に1度のお楽しみも10年目に突入。今年もハイレベルな作品が盛り沢山で大満足。中でも倉田タカシ「二本の足で」が怖くて切なくて非常に素晴らしかった。酉島伝法「ブロッコリー神殿」、上田早夕里「プテロス」もお気に入り。あと二年と言わずもっと続いてほしいものです。

  • ソラ さん

    SFの幅広さを感じた。特に人形の国が印象的。コミックでも読んでみたいと思った。

  • かとめくん さん

    毎年楽しみにしているこのアンソロジー。読んでいるときはそのバリエーションの豊富さにドキドキしながら読み進めるのですが、読み終わって全作品を再度眺め渡すと改めて自分は何を読みたいのかと考えてしまいます。(ちょっと大袈裟でした。)この混沌さも楽しみとさせてもらい、出版が続く限り読み続けますので次回も頑張ってください。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森望

1961年、高知市生まれ。京都大学文学部卒業。書評家、SF翻訳家、アンソロジスト。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品