現代SF観光局

大森望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025018
ISBN 10 : 4309025013
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
追加情報
:
373p;20

内容詳細

SF書評家、SF翻訳家、SFアンソロジスト、SF創作講座講師、SF仲介者、SF編集者、そして筋金入りのSFファンとして、SF界を裏から表から見つめ続けた著者が、古今の知見や現場の声を豊富に交え、SFマガジン誌上より発信した10年間の記録。

目次 : 1 紙宇宙船の騎士たち(伊藤計劃『虐殺器官』の衝撃―SF編集者列伝その1/ 宇山さんのこと―SF編集者列伝その2/ 短篇集ブームの光と影 ほか)/ 2 SFアンソロジーの夏(追想のバリントン・J.ベイリー/ 年刊SF傑作選のベスト・イヤーは?/ 年刊SF傑作選のつくり方 ほか)/ 3 二〇一〇年代SFの航海図(二〇一〇年代の日本SFに向かって/ “ハヤカワ・SF・シリーズ”温故知新―“銀背”の歴史を振り返る/ チョウたちの時間―円城塔『道化師の蝶』芥川賞受賞の舞台裏 ほか)

【著者紹介】
大森望 : 1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家、書評家。責任編集を務めたアンソロジー(NOVA書き下ろし日本SFコレクション)全10巻(河出文庫)で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞(自由部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kokada_jnet さん

    追悼エッセイも多数、収録されているが。野田昌宏大元帥の特異な少年時代について書いたものが素晴らしい。

  • sibasiba さん

    翻訳家にして書評家の大森望によるSFマガジンその他に連載された約十年ばかりSF周辺の雑文集。印象としては「訃報」による懐古と「SFの夏到来」の高揚が充溢した本だった。このふたつを繋ぐのが伊藤計劃。訃報は浅倉久志と平井和正が衝撃だったな。冬の時代から氷河期を抜けて夏到来は確かにそんな感じだよね。伊藤計劃と円城塔の登場からソレに続く形で日本人SF作家の新人が大挙して出てきたイメージがあるんだよな。取り敢えずSF読みたくなった。

  • kokada_jnet さん

    大森さんって、SF界のトリックスターとして大伴昌司の後継者だと思う。自分の私生活について「まったく語らない」「すべて語る」という点では真反対だが。

  • kokada_jnet さん

    圧倒的な情報量。大伴昌司の復刻本と続けて読んだが、存在感として負けていない。21世紀の日本SFについての話も多数あるが。追悼文などで語られる、黎明期や黄金期の、20世紀のSF界やSFファンダムの話が、非常に面白い。

  • garth さん

    一冊にまとまるとアーカイブ的な意味が生まれ、連載時には散漫と思えたような部分さえも興味深い資料として読めたのが意外だった。10年前のことなどすでに忘れているということか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森望

1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家、書評家。責任編集を務めたアンソロジー“NOVA書き下ろし日本SFコレクション”全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品