狂乱西葛西日記20世紀remix SF&ミステリ業界ワルモノ交遊録

大森望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784860110994
ISBN 10 : 4860110994
フォーマット
出版社
発行年月
2009年09月
日本
追加情報
:
19cm,496p

内容詳細

年に500冊の本を読み、100本の映画を観るSF翻訳家・書評家の世界最長寿WEB日記の最初の6年分を書籍化。文学賞パーティ、麻雀、クズSF論争など、SF及びミステリ関係の交友ならびにイベント録が満載。

【著者紹介】
大森望 : 本名・英保未来(あぼ・みくる)。1961年2月2日、高知県高知市生まれ。京都大学文学部文学研究科卒(英語アメリカ文学専攻)。新潮社勤務を経て独立。1986年、マリオン・ジマー・ブラッドリー『惑星救出計画』(創元推理文庫)でSF翻訳者デビュー。1990年から“本の雑誌”で「新刊めったくたガイド」SF書評を担当。AXNミステリーの書評番組「AXNミステリーBOOK倶楽部」(09年10月より)、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」の「大竹紳士交遊録」(毎週木曜)に出演中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    今や有名となった作家さんの驚くべき姿や作品に隠された吃驚裏話など、読めて楽しかったです。そして、翻訳、評論し、本を読み、映画、アニメも見て尚且つコミケに作家さんたちと行き、カラオケ、麻雀、ラジオ対談をこなす作者のバイタリィティがすごすぎます。なんだかこの本を読んでいると大人の方が本を読む時間が多いように錯覚してしまいます^^私の好きな作家さんは21世紀デビューの人が多いので21世紀版も読んでみたいです!

  • kokada_jnet さん

    大森さんも若くて、超元気だった(今もお元気だけれど)。こんなに忙しく、活動し続けている様を読み続けていくと、「大森望という人生」も大変だなあという、失礼すぎる感情が。しかし、情報処理能力は、やはり、すさまじいです。「書いた原稿の見直しは、絶対プリントしてはやらず、画面上ですべてやる」というのは、どんな超人なの? そして「業界モノ日記」としての異常な面白さは、「ロッパ昭和日記」「夢声戦争日記」なみのマスターピースになる可能性も!

  • とも さん

    一種の『個人史』でもあるのに面白いのは、パソコン黎明期から徐々にウェブ日誌が皆に普及していくところとか、作家が作家になる瞬間とか(賞を受賞)、豊崎さんと最初に知り合った時とか、SFの集まりでの出来事とか、膨大な交遊録であると同時に過去の日本を本(主にSF方面)から俯瞰するというのがあるからだと思いました。私個人が非常に興味深かったのは、スリランカでのクラークへのインタビューと、(知らなかった)数々のバトルと、そして山尾悠子さんのくだり。あと、亡くなられた方もいらっしゃるなあ、と合掌。

  • スターライト さん

    翻訳家・書評家・アンソロジスト、大森望氏のブログ6年分を、氏自ら編集した本。「SF&ミステリ業界ワルモノ交遊録」とのサブタイトル通り、彼の仕事以外の、主に遊び倒した(失礼!)軌跡がその内容。出てくる人々はミステリの度合いが多く、作家名ぐらいしか知らない僕にとっては特に感慨は湧かない。作品を読んだことのある人は、「えっ、あの作品を書いた人は、こんな人だったのか!」と目ウロコだったかも。脚注もかなり付されていて親切設計だが、それでもわからない固有名詞も少なくなく。特にゲーム関係は意味不明でした(麻雀含む)。

  • e r i . さん

    長かった・・・。寝る前に少しづつ読んでいたんですが結構時間かかった気がする。大森さんの6年分のweb日記をまとめたものでSFが全然解らない私でも面白く読めました。ミステリーの話もたくさんあるし。我孫子武丸さんと綾辻行人さんの出現率が高い。あとカラオケ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森望

1961年、高知市生まれ。京都大学文学部卒業。書評家、SF翻訳家、アンソロジスト。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品