なごり雪

大林宣彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784840106306
ISBN 10 : 4840106304
フォーマット
発行年月
2002年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
413p;15

内容詳細

男を28年ぶりに古里へと呼び寄せたのは、かつての親友からの電話だった…。人生に行き詰まった男が帰郷し、自らの青春と向き合うことで、静かに再生していく過程を丁寧に描く。映画「なごり雪」のノベライズ。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 博多のマコちん さん

    映画の脚本に近い物語的な内容だろうと思い購入した。予想に反し映画の多くのシーンを順に登場させ、それらにまつわる「お話し」を大林さんが皆さんに聞かせてあげてる、という感じのものだった。やたらとこの映画のスタッフが何度も登場してきて、それらの人の思いや考えをそのスタッフが言ってるのか大林さんが言ってるのか混とんとした書き方になっている所が多いうえに、映画製作の裏方に関心がない者にとっては興味がわかない話も多く、読み進むのが辛かった。映画そのものは良かったので期待して本を取り寄せたが、当てが外れて残念。

  • 茶々太郎 さん

    いやぁ読み切るのに苦労した。単なるノベライズにしてくれれば良いものを、撮影日誌は挟むわ、述懐は出てくるわ、その割に半端な三人称だわ、構成の悪さに頭痛すら感じ、長い読書歴の中で2冊目のリタイヤかと思った。この人の部下は大変だろうなぁ、支離滅裂なんだもの。ここまでヒドい本には、なかなか出会えませんぞ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大林宣彦

大学に入った頃から本格的に自主制作映画を撮り始める。大学卒業後はCMディレクターとなり、CM業界で名作といわれる『レナウン』やチャールズ・ブロンソンを起用した『マンダム』など多くのCMを手掛けています。この時期に制作されたのが『COMPLEX 微熱の坡璃あるいは悲しい饒舌ワルツに乗って葬列の散歩道』(64)『EMOTION=伝説の午後 いつか見たドラキュラ』(66)、『CONFESSION 遥かな

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品