屋根裏の私の小さな部屋

大庭賢哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791768776
ISBN 10 : 4791768779
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
追加情報
:
168p;22

内容詳細

日常の中のファンタジーを描く気鋭の作家、大庭賢哉。
待望の最新作!
ドアの向こうで、公園の片隅で、教室の隣の席で、
ふしぎなことが待っている。
ほんとうは、異世界はすぐそばにひろがっている。
日常と非日常を行き来して成長していく、
子どもたちのみずみずしい姿を描く、傑作漫画短篇集!
文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作『郵便配達と夜の国』から三年、
ファン待望の最新作!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • asu さん

    ほのぼのとした漫画短編集。以前の「郵便配達と夜の国」と一緒に本屋さんで見つけて、思わず買いました。私の中では、大崎梢さんの装画の人だったのですが、帯を見て「ティーン・パワーをよろしく」のシリーズの挿絵も描いてたんですね。懐かしいです。本作の中では「ひみつのへや」がお気に入り。

  • 郷里 さん

    児童文学的エブリデイマジック。現実と非現実が混じり合う、いい意味でやわらかくて不安定な子ども心を感じる漫画短篇集。そう言えば子どもの頃って、突飛な空想や小さな疑問がふっと心の中にわいてきて、そのことを長い間考え続けていたなと思い出す。読んでいて懐かしい(懐かしすぎて寂しいくらい)気持ちになる一方、「小人よりさらに小さな小人」とか、学校の屋上に机とイスを持っていくとか、ため息で花が育つとか、私にはない発想の連続で、ちょっと世界が拓けた気がした。

  • 緑虫@漫画 さん

    ★★★

  • コリー さん

    ジブリっぽくて好き!

  • 恵美 さん

    文喫にて

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品