日本懐かし映画館大全

大屋尚浩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784777819904
ISBN 10 : 4777819906
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
127p;22

内容詳細

全国の大小ロードショー館や名画座、いまだ健在の劇場に失われた劇場、かつて娯楽の殿堂だったそれらの記録、シネコンではない「映画館」の記憶―昭和の映画館をめぐる旅。

目次 : ロードショー館 大劇場編/ ロードショー館 小劇場編/ 特集 昭和の映画館の宝庫!「長野県」/ 名画座・ミニシアター/ 成人映画館/ 復活・再生した映画館/ 絵看板のある風景/ INTERVIEW/ 対談

【著者紹介】
大屋尚浩 : 1964年北海道札幌市出身。2000年に始めた映画館専門サイト『港町キネマ通り』にて、日本全国の映画館を紹介。自ら現地に赴き、取材から撮影・編集・制作まで、本業の傍ら、全てを一人で行う。370館以上(2017年12月現在)の映画館を紹介している。また、日本映画専門サイト『日本映画劇場』も運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    出張時、読む本が無くなり、ふと寄った本屋さんで見つけた。懐かしの映画館。今やシネコン全盛だけど、こんな映画館がいっぱいあったのだ。私は、大学4年間で映画を800本観た。まだ、レンタルビデオも無い時代。映画館に入り浸っていた。あの空間と時間を経験出来たのは幸福なのかもしれない。全国の映画館と一緒に、パンフレットや絵看板やロビーカードも。あの頃の映画に思いは馳せる。解説の◯年◯月閉館が悲しい。まだ残っている映画館で、あの暗闇に触れたい。

  • garth さん

    冒頭の大映画館記録を見ているだけで、映画館の時代の終わりを付きつけられるようでせつなくなるな。

  • Kazuhiro Sorimachi さん

    シネコン形態以外の映画館を写真を中心に紹介した本。昔ながらの映画館からミニシアターまで。すでに閉館してしまった映画館も多くその姿が見れるのは資料的にも価値が高いのでは。巻末の現在も営業中の映画館館主インタビューが映画館の経営の厳しさが伺えて貴重だと思います。

  • まちゃくん さん

    高校生の時、終電を逃して、上野の成人映画館で寝ていたら、ゲイのおっさんが近づいてきて、慌てて外へ逃げたことを思い出した。

  • doremi さん

    ほとんどの劇場が閉鎖されていて、哀愁が。 P7 数寄屋橋が橋だったころ P32 新宿プラザ劇場 D150という大きく湾曲したスクリーンをスルーとは 2018年 C0072 \1500. 2017

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大屋尚浩

1964年北海道札幌市出身。2000年に始めた映画館専門サイト『港町キネマ通り』にて、日本全国の映画館を紹介。自ら現地に赴き、取材から撮影・編集・制作まで、本業の傍ら、全てを一人で行う。370館以上(2017年12月現在)の映画館を紹介している。また、日本映画専門サイト『日本映画劇場』も運営(本デー

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品