小説 ほしのこえ 新海誠ライブラリー

大場惑

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784811325064
ISBN 10 : 4811325060
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
新海誠 ,  
追加情報
:
219p;20

内容詳細

中学生のノボルとミカコは仲の良いクラスメイトだったが、3年生の夏、ミカコが国連宇宙軍選抜メンバーに抜擢された。宇宙と地球に離ればなれになった2人をつなぐのは、携帯電話のメールのみ。だがミカコの乗る宇宙船が地球を離れるにつれ、メールが届くのにかかる時間も長くなっていく。時間と距離に隔てられた、2人の互いを思う気持ちはやがて…。『君の名は。』の新海誠監督の商業デビュー作『ほしのこえ』を小説化。

【著者紹介】
新海誠 : 1973年長野県生まれ。アニメーション監督。2002年、ほぼ1人で制作した短編アニメーション『ほしのこえ』で商業デビュー、注目を集める。その後『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』で国内外で数々の賞を受け、2016年公開の長編アニメーション『君の名は。』は記録的な大ヒットとなった。自身の監督作を小説化し、小説家としても高く評価されている

大場惑 : 1955年鹿児島県生まれ。1984年『SFアドベンチャー』に掲載された『コンタクト・ゲーム』でデビュー。1989年日本SF作家クラブ入会。自作小説のほか、テレビ、ゲームなどのノベライズを数多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りー さん

    2002年に独力で製作した、たった25分のアニメーション映画「ほしのこえ」でデビューした新海監督。デビュー作とは思えない純度の高さ。いや、デビュー作だからこそなのか。宇宙船・エイリアンとの戦い・徴兵、というバリバリのSFなのに、ただひたすら少年と少女の想いだけが星の光のように届く。

  • みお さん

    少し前にアニメーションのほうをみてから、ノベライズを読んだ。抗えないまま引き裂かれていった二人の姿が切なくて苦しくてたまらなかった。最後は無事に再会できてよかった。アニメーションもう一回みたくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品