図説 古代文字入門 ふくろうの本

大城道則

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762708
ISBN 10 : 4309762700
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
追加情報
:
128p;22

内容詳細

ヒエログリフ、楔形文字、甲骨文……そして未解読文字まで。人類最大の発明のひとつ、文字の発生と展開、後世の解読史や読み方まで、各分野の専門家が紹介する古代文字入門の決定版。

【著者紹介】
大城道則 : 1968年、兵庫県生まれ。関西大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期課程修了。駒澤大学文学部教授。専攻は古代エジプト史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tom さん

    図書館転がり本。あちらこちらをパラパラとめくりながら、貸出期間の2週間を楽しみました。文字というものは、妙に好奇心をそそるところがあるみたいで、読めもしない文字の姿かたちが飽きさせないというのが不思議な感じ。こういう文字を研究している人がいて、ほんとうにマイナーなお仕事で、たぶん周りからは変人と目されていて、でも、本人は、きっと楽しくお仕事をしてるはずでと、妙なところまで連想してしまった本でした。

  • さとうしん さん

    ヒエログリフ・楔形文字から甲骨文字・マヤ文字まで、世界各地の古代文字について概要、解読の歴史、例文の読解をコンパクトにまとめる。図版・図表類もよくまとまっており、一冊手元に置いておくと便利そうな本。

  • Rieko Ito さん

    古代文字について広く知ることができる。コンパクトな本なので一つ一つの文字に関しての記述は当然短く、これだけではとうてい読めはしないが、巻末に参考文献一覧もあるので興味を持った文字について深めていくことができる。私はマヤ文字がお気に入り。

  • さくは さん

    考古学者たちが解読してきた古代の文字。ヒエログリフ、楔形文字、線文字B、ルーン文字、甲骨文、マヤ文字などの基本的な情報、読み方がそれぞれの執筆者によって書かれている。インダス文字やインカのキープ(結び目)などの未解読文字についても簡単に触れられている。

  • ヨシツネ さん

    メロエ文字についての記事は邦語だとほとんどない 実際に読んでみようのコーナーも面白い 研究者も一流だから安心

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品