樋口一葉加筆版 さらさら読む古典 2 あおぎり文庫

大伴茫人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784340130016
ISBN 10 : 434013001X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,173p

内容詳細

明治時代の下層社会に生きる女性の姿を描いた、「さらさら読む古典」シリーズの第2弾。明治の女流作家・樋口一葉の3作品を読みやすくした「加筆版」で、原作の雰囲気そのままに楽しむことができる。

【著者紹介】
大伴茫人 : 本名・田村秀行。著述家、日本語講師。1952年、東京都に生まれる。京都大学文学部を卒業後、大手予備校の講師を経て独立。フリーランスの講師として、現代文・古文・漢文を教えるとともに、古典文学の楽しさを現代に伝えるための著作活動を精力的に続けている

樋口一葉 : 本名・樋口奈津。なつ、夏子とも呼ばれる。1872(明治5)年〜1896(明治29)年。明治の下層社会を描いた秀作を多く発表し文壇から絶賛されるが、二十五歳で肺結核により死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大伴茫人

本名田村秀行。1952年東京生まれ、京都大学文学部卒。大手予備校講師を経て、現在フリーの立場で現代文・古文・漢文を総合的に担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品