清和会秘録 イースト新書

大下英治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781650586
ISBN 10 : 4781650589
フォーマット
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
366p;18

内容詳細

清和会は、安倍晋三総理が後継者と自認する祖父・岸信介元首相の十日会(岸派)を源流とし、当時の自民党の領袖・福田赳夫を中心に一九七九年に結成された。一九七二年、田中角栄と福田がポスト佐藤栄作を争う激しい派閥抗争いわゆる「角福戦争」が勃発。ロッキード事件後、田中派から竹下派(経世会)による支配が長く続き、清和会は傍流に追いやられる。が、二〇〇〇年に森喜朗が政権の座に就いて以降、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫と四代続けて総理を輩出する。五人の総理を輩出した自民党最大派閥の深層に迫る!

目次 : 第1章 角福戦争と清和会(角福戦争と清和会の精神/ 福田赳夫さんは理想家だな ほか)/ 第2章 悲劇のニューリーダー安倍晋太郎(善人・安倍晋太郎/ 中曽根裁定―「竹さん先にやれよ」 ほか)/ 第3章 平成の清和会―傍流から主流へ(派閥の離合集散史/ 四代連続、総理を輩出 ほか)/ 第4章 最大派閥・清和会の苦悩(第一次安倍政権発足/ 静観をしろ ほか)/ 第5章 第二次安倍政権と清和会(菅義偉、安倍晋三を口説く/ 町村か安倍か ほか)

【著者紹介】
大下英治 : 1944年広島県に生まれる。一歳のとき被爆。父を失う。苦学の末、広島大学文学部仏文科を卒業。大宅壮一マスコミ塾第七期生。1970年、『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋”として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。1983年、『週刊文春』を離れ、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を続ける。『小説電通』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Honey さん

    今まで政界などというものに、あまり興味はなかった方だけれど、昨今ニュースを見たり本を読んだりて、諸外国の、特にアメリカの政界のことなど、少し見えてきたような気が。ところで、日本はどうなっているの?と思い、読んでみました。  (なるほど、森さんって、結構親近感持てる感じ?ww) 政治家同士が、どういうことで接点を持ったり離れたりするのか、とか、少しわかってきました。 そして、安倍総理。第一次安倍内閣では、いいひと晋太郎お父さんの遺伝子が前面に出て、今はちょい?ワル岸信介の遺伝子で頑張っておられるらしい。

  • やす さん

    小泉首相が凄すぎたんだ・・・・としか言えない。インタビューを基に書かれている部分が多いのでドキュメンタリー番組を脳内再生しながら読む気分だった。

  • ゆきまさくん さん

    岸信介を源流とし、自民党初の総裁予備選敗北後に福田赳夫によって作られた清和会。 田中派〜竹下派につながる経世会主流の時代には傍流だった。 今や森首相以後4人の総理・総裁を輩出する最大派閥へと変貌を遂げた経緯がわかる。 この派閥の栄枯盛衰、毀誉褒貶はどの組織にもあてはまるんだと思う。 清和会は果たして、次なる総裁候補を育て上げることができるのか。

  • きよちゃん さん

    やはり政治の裏側を読むには著者の作品が一番である。清和会にはどちらかといえば地味なイメージを抱いていたが、小泉氏登場のあたりからにわかにイケイケの派閥になった印象を受けた。近年の政策の良否は別として、一人のリーダーをしっかりと支えることは、どんな組織でも大切であるし、現在の自民党は派閥を超えた協力体制が強固なように感じるので、しばらくは現体制が続くのではないかと思う。

  • okadaisuk8 さん

    安倍晋三首相の所属する自民党最大派閥・清和会について、人間くさい派閥争いを広げた角福戦争から、小泉氏台頭を経て、最近の安保法制や戦後談話に至るまでを振り返る。すぐに読めるし、ありがたい。ちと全体的に森喜朗氏に良く書かれ過ぎのような気がするが(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大下英治

作家。1944年広島県広島市に生まれる。1歳のとき被爆。父を失う。苦学の末、広島大学文学部仏文学科を卒業。大宅壮一マスコミ塾第七期生。1970年、『週刊文集』特派記者いわゆる“トップ屋”として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。月刊『文藝春秋』に発表した「三越の女帝・竹久みちの野望と

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品