北帰行

外岡秀俊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022949
ISBN 10 : 4309022944
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
249p;20

内容詳細

暗闇から抜け出ようとするその列車のように、私もまた暗い二十歳から抜け出ようとしていた。北海道の炭鉱町から東京に集団就職した私。だが工場の同僚との諍いで、職を失ってしまう。やがて私は石川啄木の足跡をたどり、ふるさとへ向かう―1976年度文藝賞受賞の文学史に輝く伝説的名作。

【著者紹介】
外岡秀俊 : 1953年、札幌市に生まれる。76年、東大在学中に書いた『北帰行』で、第13回文藝賞を受賞し、デビュー。同じ年にデビューした村上龍とともに、その才能は大きな注目を集めた。77年、朝日新聞社入社と同時に小説活動を休止していたが、退職後、2014年に、中原清一郎名義で、小説『カノン』を発表。現在、中原清一郎名義で小説家として、また引き続き外岡秀俊名義でジャーナリストとして活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • メデスキ さん

    石川啄木を題材にした一作。文章が旧いため、継がれない作品。故に読む価値が実質、無い。この点ばかりは時が来たときにモロバレてしまうので如何ともし難い。啄木の詩やらが引用されているが、そこだけが活きているので文章の旧さを確認出来る。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

外岡秀俊

1953年北海道生まれ。ジャーナリスト、北海道大学公共政策大学院研究員。東京大学法学部在学中に、小説『北帰行』で文藝賞を受賞する。77年、朝日新聞社入社。学芸部、社会部、外報部、ニューヨーク特派員、アエラ編集部、ヨーロッパ総局長などを経て、2006年に東京本社編集局長に就任。11年に退社(本データは

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品