壇蜜日記 文春文庫

壇蜜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167902124
ISBN 10 : 4167902125
フォーマット
出版社
発行年月
2014年10月
日本
追加情報
:
201p;16

内容詳細

賞味期限切れのソースで運試し。新聞を読んでいると、つい求人欄に目がいってしまう。ショックなことがあると、食事もせずにひたすら眠り、たまたま入ったコンビニで肌着類の品揃えが充実していると、他人事なのにホッとする。抱かれる予定はしばらくなしーー。
これぞ裸単騎で現代日本を生き抜く33歳女子の生活と意見! 壇蜜はやっぱりスゴかった!!

文庫完全書下ろし

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    図書館の予約に出遅れて、半年以上たってようやく読めました。壇蜜本2作目です。どこまで本当かウソか解りませんが、人となり・生活のリズムが窺え、好感が持てました。大相撲や猫が好きと言う共通点も判明しました。明日、大相撲5月場所の初日に行く予定ですが、桝席(現在は4人席ですが、江戸時代は裕福な商人1人と遊女2人との両手に花状態の3人席だったそうです)で壇蜜を侍らすことを妄想しました。壇蜜レギュラーの久米書店はTBSの世界遺産とかぶるのであまり視ていませんが、今度今の壇蜜をじっくり観察したいと思います。

  • hnzwd さん

    初めてTVで見た時から、その天然じゃなさすぎるキャラクターっぷりから頭良いんだろうなぁ、、と感じていた壇蜜さん。本書では壇蜜さんの日記風に日々の出来事をエッセイ風に綴ったり、短歌が1行だけ書いてあったりするのですが、、物凄く言葉選びが上手い。30歳を越えたグラビアアイドル?と、いう立場を少しだけ自虐的に捉え、少しづつ変わっていく日々を語る。そして時々挟まれる名言としか言いようのない一文。続刊も読みたい。

  • はぐ さん

    美人なお姉さんが綴る文章はとても静かで感情的でした。芸能に疎い私は「今時珍しいお色気タレントさんだな」程度にしか存じ上げなかったのですが、書店でパラッと頁を流し見しただけで好きな感じの文章を書く方だと思いました。豊富な語彙力と分別ある見識、日常の狭間にふと現れる叙情的な表現がとても魅力的です。性に関しては常識の範疇に収まらない奔放さを見せるところすら魅力のひとつにしてしまう、謎の多い女性でした。続編ももちろん読みます。

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    「信じていれば、夢は叶うよビーハッピー……なんて大ウソは書けませんでした」。手書きのあとがきで記しているように、毒とトラウマ、怨みのエッセンスを散りばめた日記風エッセイ。太っていて冴えなかった子供時代、就活の挫折、下積み……など苦労を重ねただろう過去が日記の断片から垣間見えます。売れている状況に戸惑いながら、あくまでも目線は低く、自分を客観的かつややネガティブに見つめている感じ。言葉のセンスを感じる人です。《食べ物の旬は毎年巡ってくるが、人間の旬は一度きり、しかも食べ物より一瞬。》2014年10月初版。

  • ❁かな❁しばらくお休みします。 さん

    仲良しのお気に入りさんからいただきました♪壇蜜さんはテレビで拝見して色っぽい方だなぁと思っていました。読ませてもらって、すごく好感持てました♪とても人気があるのに、ご自身のことを低く評価されていてびっくり!綺麗でセクシーだからもっと自信持たれててもおかしくないのに意外!とても謙虚で、飾らず赤裸々に日常のことを語られていて文体的に知的さも感じられ素敵な方だなと思いました!壇蜜さんの使われる言葉使い何だかいいですね!世間一般の女性よりも控えめに真面目に過ごされていて応援したくなりました☆可愛い方ですね♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

壇蜜に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品