たべたいの 新潮新書

壇蜜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784106107412
ISBN 10 : 4106107414
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

生ハムは、ピザやパスタにトッピングされ、オーブンに入れられてもまだ「生」なのか。ラブホテルで頼むピザのサイズはSMLどれが正解なのか。賞味期限切れの牛乳はいつまで「チャレンジ」できるのか。謎めく才女の脳裏に食を巡る疑問、懸念、記憶の数々が渦巻き続ける。自分の納豆の食べ方は普通ではないのか。イメージDVDにつきものの魚肉ソーセージとはどうつきあうべきか。「食べ物」が壇蜜を語り出す―。

目次 : 1 納豆や糸でも藁でも縛られて(酒/ 牛乳 ほか)/ 2 サプライズ焼きナスまさかのカレー味(実話)(カレー/ ラムネ ほか)/ 3 しばれ夜にグミと孤独を噛み締めて(魚肉ソーセージ/ 練り物 ほか)/ 4 メキシカンサボテン漬けを食べていた(のど飴/ ジャム ほか)

【著者紹介】
壇蜜 : 1980(昭和55)年、秋田県生まれ。タレント。東京の某有名小中高大一貫女子校を卒業し、日本舞踊師範、調理師など数々の資格を取得、多彩な職種を経験後に、二十九歳でグラビアデビュー。以後、テレビや映画などで幅広く活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    壇蜜は、新作中心に読んでいる作家?です。図書館の予約に出遅れた訳ではないですが、新書ということもあり、ようやく読めました。ローテンションで著者が綴る食に纏わるエッセイ、独特の雰囲気で興味深い内容です。俳句は微妙ですが、イラストは繊細な線で意外と上手です。一度、壇蜜と食事をしてみたいなぁ!

  • のぶ さん

    週刊誌の連載をまとめて一冊にしたもののようで、食に関するエッセイなのだが、単に食べ物の味わいを著したものではなく、食をテーマにしながらも、人生の書みたいな感じの本に仕上がっている。これは今までに「壇蜜日記」を何冊か読んできた時と変わらない鋭い観察眼でまとめられていて、よくあるタレント本とは一線を画すものとなっている。各章ごとに自筆のイラストが載っているのも楽しくとても良い本だった。人生訓臭くなく人の生き方をきちんと述べている一冊で、壇蜜さんの文筆により期待を抱かせる本だった。

  • machi☺︎︎゛ さん

    壇蜜がピックアップした食べ物について、一句詠んでからその食べ物についてのエピソードなどを面白おかしく、時に真面目に書いてあるエッセイ。壇蜜は前から好きだけど容姿、文才、それぞれの面において憧れる。ピックアップされている食べ物がすごく庶民的なところも好感が持てる。

  • ラグビー野郎・寺 さん

    私は壇蜜贔屓なのでいつも点が甘いのだが、名随筆である。食べ物にまつわるエッセイで、東海林さだおの『丸かじり』シリーズを壇蜜が書いたらこうなる、という感じ。東海林さんの『丸かじり』は長く続けている為、時々無理矢理な問題提起があるが(そこが東海林さんの面白さではあるが)、壇蜜さんのこちらはそんな無理も無く、軽めのエッセイかと思いながら読んでいると寸鉄人を刺す言葉があったり、静かな正義感や深い優しさをたたえていたりして、気分の良い1冊だった。新書ではなく、可愛い装丁の本にして欲しかった。あと自筆の挿絵が上手い。

  • fwhd8325 さん

    ご自身がなんと言おうと、やはりこの人の存在は特別なのです。いつまでもアイドルであり、ニンフなのです。食について、これほど赤裸々に書かれている。食は性にもつながると言われます。その想像を広げれば、何ともエロチックな著書とも言えましょう。見事な計算の元にこの連載も書かれていたのだと思います。それでいいのです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

壇蜜に関連するトピックス

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品