罪の声 講談社文庫

塩田武士

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065148259
ISBN 10 : 4065148251
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
535p;15

内容詳細

京都でテーラーを営む曽根俊也。自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると、幼いころの自分の声が。それは日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声と、まったく同じものだった。一方、大日新聞の記者、阿久津英士も、この未解決事件を追い始め―。圧倒的リアリティで衝撃の「真実」を捉えた傑作。

【著者紹介】
塩田武士著 : 1979年兵庫県生まれ。関西学院大学卒業後、神戸新聞社に勤務。2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞、’11年、将棋ペンクラブ大賞を受賞。’12年、神戸新聞社を退社。’16年、『罪の声』で第7回山田風太郎賞を受賞。同書は「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第14回本屋大賞第3位にも選ばれた。’19年、『歪んだ波紋』(講談社)で第40回吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紫陽花 さん

    グリコ・森永事件を追った作品。初読みの作家さんの本でした。くせもなくすんなりと読める構成でした。この事件のことはよく覚えています。ただ、この本を読むと 学生運動や総会屋のことが出てきたり、市民に反権力意識があったり…。それと今は街のあちこちに防犯カメラが設置されています。当時のような時間は起こりにくいのかなとも感じました。30年ですか…。短いようで時代の移り変わりは激しいものですね。

  • わった さん

    グリコ森永事件をテーマとした小説。小説だけども、ノンフィクションとフィクションが混じりあっていて、現実を見ているのではないかという錯覚に陥ります。 犯罪に使われたテープの子どもの声が、自分のものだと気づいた主人公。時を同じくして新聞記者が同じ事件を追いかけ始めます。テープの気味の悪い声から始まる物語は交差しながら進んでいくストーリーは大変テンポ良く面白く読み進めました。 時効が成立した今だから調査ができるリアルさ、犯罪そのものだけではなくその背景やその後が書かれていたのも良かったです。

  • shun さん

    2019年36冊目。『グリコ・森永事件』をモチーフにした物語。モチーフというか、名称や人物の名前が違うだけで、ほぼ史実通りとのこと。もちろん現実には犯人は明らかになっていませんが。事件に関する予備知識があったので、物語にスムーズに入っていくことができました。結構早い段階でイングランドの場面があったので、そこで一気に引き込まれました笑 犯人を明らかにしていく流れも読み応えがありますが、なんと言っても加害者の家族に焦点を置いていることが、この物語の核だと思います。エピローグはこれ以上も以下もないものでした。

  • KSK48 さん

    当時を知らない自分には、この事件が未解決となったことが本当に不思議に思える。何をしても足が着いてしまう今と比べて時代を感じつつ、だからこその代え難い魅力もあるのだと思う。二人の主人公の様々な心の葛藤にも注目しつつ、やはりこの魅力的な題材に引き込まれました。

  • ナオ さん

    阿久津が記者として成長していく様子がよい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品