メビウス 河出文庫

堂場瞬一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417172
ISBN 10 : 4309417175
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
496p;16

内容詳細

「あの事件の日」から、すべては始まった―。1974年10月14日、過激派の次代のエース・下山が突如、東京から失踪した…仲間を、家族を、そして最愛の人を残して。警察は下山を追ったが捕まえることができず、捜査は打ち切りに。そして42年の時を超え、下山は突然、東京に戻って来た―かつての仲間を助け、過去にケジメを付けるために!あの日、下山はなぜ逃げたのか?ケジメの先に彼が知った衝撃の真実とは?極上のエンターテインメント!

【著者紹介】
堂場瞬一 : 1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で小説すばる新人賞を受賞。警察小説、スポーツ小説など多彩なジャンルで活躍。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    堂場さんの最新の文庫です。刑事ものかと思いきや、警察が絡むことはあるのですが主人公は1974年のときの過激派に属していた人物で、仲間や家族を捨て静岡で不動産会社を経営しています。むかしの仲間から助けを頼まれ東京に戻るのですが、この主人公は思い込みが強い感じで今までの堂場さんの主人公のようにはあまり好きにはなれませんでした。昔の恋人が主人公に持っている感情の方に同化しました。話の持っていき方はうまく最後はこのような感じだったのか、と納得させられました。

  • hiyu さん

    タイトルはまさにその通りである。失われた過去を取り戻すためにも動く、だが、中々好きに離れない主人公。問題はラスト以降なのではないだろうか。人生をどう収めていくことになるのか。

  • ぺあの さん

    メビウスというタイトルから、無限とか表と裏がない世界のつもりだったけど、関係なさげ。学生運動家の主人公が爆発事件以来42年ぶりに東京に戻り過去を精算しようとする。周りの「逃げた!」という反応と本人の自覚のギャップに苦しむ。(周りの反応がイマイチ解りにくい)。また、昔の恋人の作家に、遭わさないようにする編集者の頑なさも不明

  • あつし@ さん

    喫煙シーンが多いため銘柄が題名か?と疑った。作者が嫌いな団塊世代最後の世代が主人公。彼等の無限ループというより表裏一体の功罪を織り込んだからか?1974年。流れる様な人混みに紛れて上野でモナリザを観た年。球児の端くれで憧れの長嶋茂雄の引退スピーチを深夜放送で聴きながら泣いた年。僕は久美子世代で、作者は和也世代かな。ノスタルジー臭漂う物語はスゥーっと入ってきた。兄に対する弟の言葉は作者の声かも知れない。ラストで彼等も含め主人公の生き方が決定的に否定された。

  • ゆーさん さん

    1974年は7歳。長嶋の引退は微かに記憶。三井物産の爆破は記憶にない…。なんとも共鳴しにくい話で…。平和ボケですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

堂場瞬一

1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品