メビウス 河出文庫

堂場瞬一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417172
ISBN 10 : 4309417175
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
496p;16

内容詳細

「あの事件の日」から、すべては始まった―。1974年10月14日、過激派の次代のエース・下山が突如、東京から失踪した…仲間を、家族を、そして最愛の人を残して。警察は下山を追ったが捕まえることができず、捜査は打ち切りに。そして42年の時を超え、下山は突然、東京に戻って来た―かつての仲間を助け、過去にケジメを付けるために!あの日、下山はなぜ逃げたのか?ケジメの先に彼が知った衝撃の真実とは?極上のエンターテインメント!

【著者紹介】
堂場瞬一 : 1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で小説すばる新人賞を受賞。警察小説、スポーツ小説など多彩なジャンルで活躍。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    堂場さんの最新の文庫です。刑事ものかと思いきや、警察が絡むことはあるのですが主人公は1974年のときの過激派に属していた人物で、仲間や家族を捨て静岡で不動産会社を経営しています。むかしの仲間から助けを頼まれ東京に戻るのですが、この主人公は思い込みが強い感じで今までの堂場さんの主人公のようにはあまり好きにはなれませんでした。昔の恋人が主人公に持っている感情の方に同化しました。話の持っていき方はうまく最後はこのような感じだったのか、と納得させられました。

  • ゆめ さん

    久しぶりの堂場さん。いつもの感じと違いますね。うーん、私はイマイチだったなぁー。主人公が好きになれず、イライラした。最後になって少し面白くなりましたが、またの出会いに期待します。

  • ゴルフ72 さん

    正直最後まで何を言いたいのかわからない。1974年10月14日は下山にとって何があったのか?結局は自分勝手な行動が仲間をそして恋人までもが不幸にしてしまった。60歳を過ぎてから・・・今後何をして生きていくのか、先が読めない中読了。少し消化不良かな?

  • かもめ(甘き絶望) さん

    学生運動していた仲間が40年ぶりに再会して云々という話。この作家は初めてだったが、文章に無駄がなく読み易かった。でも、その分、読者に訴えてくる力が弱い感じがした。ラスト、ごちゃごちゃしていた伏線が回収され、40年前の真実、新たな事実が明らかになって面白いのだが、やっぱり何かが欠けていた。感情を揺さぶる何かが足りない。可もなく不可もなくというところ。印象に残った台詞は、「あなたは、一度逃げた。一度逃げた人は、何度でも逃げ出すのよ」。「許すとか許さないじゃなくて、もう関心がない」。 でも、40年って、長いよ!

  • hiyu さん

    タイトルはまさにその通りである。失われた過去を取り戻すためにも動く、だが、中々好きに離れない主人公。問題はラスト以降なのではないだろうか。人生をどう収めていくことになるのか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

堂場瞬一

1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。警察小説、スポーツ小説など多彩なジャンルで意欲的に作品を発表し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品