俳句ガール

堀直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338319027
ISBN 10 : 433831902X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
164p;21

内容詳細

小学4年生のつむぎは、おかあさんにかわって家事もこなす、しっかりものでちょっぴり内気な女の子。おばあちゃんが通うケアハウスで俳句にであったつむぎは、ある日の放課後、だれもいない教室の黒板に、いらいらをはきだすように俳句を書きしるす。自分でも思ってもみない言葉にとまどうつむぎは、黒板の文字をそのままに、逃げるように教室をあとにした。ところが次の朝、始業まえの教室は大さわぎ!なんとつむぎが書いた俳句のとなりに、べつの俳句が!?いったいだれが、なんのために?

【著者紹介】
堀直子 : 群馬県生まれ。昭和女子大学卒業。『おれたちのはばたきを聞け』(童心社)で、第14回日本児童文学者協会新人賞受賞。『つむじ風のマリア』(小学館)で、第31回産経児童出版文化賞受賞

高橋由季 : イラストレーター。書籍、雑誌、広告など様々な媒体で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • モリー さん

    「五、七、五だけで、世界を表現できる俳句って、すごいと思わね?」とは、俳句少年の一生くんの言葉。俳句ガール、つむぎちゃんとのやり取りが爽やかでした。私が気に入った俳句は、つむぎの句、“まどをあけ りんごのにおいの 朝がくる”

  • どら母 学校図書館を考える さん

    子どもたちが俳句の勉強する時期にすすめたい。

  • ひなぎく ゆうこ さん

    俳句を身近に感じてほしくて、小学生の息子と読みました。 五七五のリズムに、私も日常を表現してみたくなりました。

  • kikiみみ さん

    とても素直でストレートな物語。俳句入門としては良かった。俳句は気持ちを素直に五七五に表せばいいのだけれど、とてもシンプルなゆえに難しい。先生が少し手直しをすると子どもの俳句が良くなっていく様子はさすがでした。でも、先生はなくてもいいと言ってたけど、やはり季語は入れてほしいと思った。「とっておきの俳句」に始まり、「俳句ガール」を経て「うたうとは…」(これは短歌だけど)と続くといいなぁ。

  • joyjoy さん

    小学生にしか作れない俳句、もあるかも。俳句に限らず、誰にでも、その時の自分にしか表現できないもの、あるのかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品