昭和少年SF大図鑑 昭和20〜40年代僕らの未来予想図 らんぷの本

堀江あき子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309727691
ISBN 10 : 4309727697
フォーマット
出版社
発行年月
2009年07月
日本
追加情報
:
21cm,127p

内容詳細

日本がまだ夢見る力にあふれていた時代、子どもたちがあこがれ、胸躍らせた未来の姿とは。小松崎茂、伊藤展安、梶田達二らが描いた未来予想図、冒険科学物語。空想科学の世界満載の、SFマンガ、少年少女SF全集。

【著者紹介】
堀江あき子 : 1965年生まれ。弥生美術館学芸員。跡見学園女子大学文学部美学美術史学科卒業。1991年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベーグルグル さん

    昭和年代、20世紀のSF雑誌の図鑑。眺めているだけで懐かしい雰囲気を醸し出しています。21世紀は私も空飛ぶ車が走っている予想をしていました。透明なレールのような道路に。

  • はる さん

    図書館本。本のサイズにムリがあるのか、一番面白いところは載せられないのか…少し残念に思いながら読んだ。昭和20〜40年代の未来予想図なので、端っこには記憶のあるものもあるけれど。雑誌は雑誌のサイズで雑誌の形をしていないと楽しくないのかも。お行儀の良すぎる教科書のようだ。実はアシモフもエッシャーも少年雑誌から学んだはずなのに。

  • 152 さん

    昭和の空想科学に浸れる一冊。

  • ラグエル さん

    確かに少年時代はこういうのが書かれた本を見かけた気がする。そのときすでに、馬鹿じゃないのこれ、とかって突っ込んでいた気がする。つくづくいやな子供だったと思う。本書の解説はいささか味気がない。こんな突っ込みどころ満載なのに、真面目なんだと思う。面白くないけどね。面白さには自分で気づいて、なんてスタンスなのかしら。

  • えーてる さん

    「あの頃、誰もが思い描いた輝かしい未来絵図」なんて言葉ばかりが定着しているけど、企画が煮詰まってくると「月世界の人食い探査機」「地球最後の日」「コンピューターの人類全滅作戦」といった、ショッキングな方向にすぐ走っていたのもこの時代の特徴。そのいかがわしさごと愛おしく受け止めたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

堀江あき子

1965年生まれ。弥生美術館学芸員。跡見学園女子大学文学部美学美術史学科卒業。1991年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品