堀内孝雄
チケット受付中

堀内孝雄 プロフィール

堀内孝雄 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

堀内 孝雄(ほりうち たかお、1949年10月27日 - )は、日本の歌手、作曲家、俳優、タレント。アリスのメンバー。愛称は「ベーヤン」。大阪市阿倍野区出身。大衆食堂を営む家の3人兄弟の末っ子として生まれる。血液型はO型。桃山学院高等学校卒業、京都産業大学中退。所属事務所はアップフロントクリエイト(アップフロントグループ)。

来歴

1971年12月25日に谷村新司と堀内孝雄が西心斎橋二丁目にあるビジネスホテル・大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢透が合流することを前提に「アリス」を結成。翌1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。同年5月5日に矢沢が正式に合流し、晴れて現在のアリスとなる。「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」「夢去りし街角」「秋止符」など、数々の曲を生み出した。

その傍らでソロ歌手としても活動、「君のひとみは10000ボルト」や、滝ともはるとのデュエット曲「南回帰線」(売上40万枚)などを大ヒットさせている。アリス活動停止後はソロ歌手として、ニューアダルトミュージック、そして演歌・歌謡曲路線に転向後、「愛しき日々」、「恋唄綴り」、「影法師」など数々のヒット曲を出した。歌手活動のほかにも作曲家として楽曲の提供(山口百恵の「愛染橋」、五木ひろしの「山河」など)や、俳優・タレントとしても活躍している。

1980年代には、「堀内孝雄&ケインズ」を結成し「逆光線」などをリリース。1980年代後半からは徐々に演歌・歌謡曲路線へ転向。

1988年にリリースされた「ガキの頃のように」が、テレビ朝日系列で放映されていた刑事ドラマ『はぐれ刑事純情派』の主題歌に起用され、以降、最終シリーズまでの全18シリーズにわたって、シリーズごとに主題歌を変更しながら継続して起用され、役者としても『はぐれ刑事純情派』の劇中に度々ゲスト出演していた。また、『さすらい刑事旅情編』のPART1、PART2の主題歌にも採用された。

1990年には、「第32回日本レコード大賞」において、「恋唄綴り」で、日本レコード大…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%