線は、僕を描く 2 週刊少年マガジンKC

堀内厚徳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065173534
ISBN 10 : 4065173531
フォーマット
出版社
発売日
2019年11月15日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

深い悲しみを抱えて生きる大学生・青山霜介は、水墨画の大家・篠田湖山に見出され、彼の弟子となる。水墨に情熱を捧げる人々との新たな出会いは、孤独だった霜介に、救いの手を差し伸べた。線を描くことで、過去と向き合い、人と繋がり、霜介は失った輪郭を取り戻し始める──。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひよ亭 さん

    この巻で終わりかと思ったが原作と違うストーリーになりつつもありオリジナリティが出てきた。これからが楽しみでもあるし、もう読まなくても良いかな…という感じもある。

  • JACK さん

    ☆ 両親を亡くし、深い悲しみに沈んでいた青山霜介は水墨画に出会った事で大きく変わっていく。水墨画の大家、篠田湖山の弟子となった霜介は、姉弟子の千瑛や兄弟子の西濱、斎藤の作品を見てその凄さに圧倒される。しかし、兄弟子たちは霜介の描く水墨画には他の人にはない魅力があると評価する。描くときの気持ちの微妙な変化が絵に現れる、絵に表せる、それは一つの才能なのだ。繊細な絵、写真の様に正確な絵、力強さを感じさせる絵、どれも素晴らしい。読んでいて鳥肌が立つ、心を揺らされる物語です。原作小説も読まなければ。

  • しぇん さん

    率直に言って見ても解る気がしないですが芸術の世界は凄いんだなと。

  • ルシュエス さん

    翠山先生優しいな! 水彩でも油彩でも多分言える事ですが…大事なのはモチーフに魂が込められていて、見る者に訴える力があったり、強いメッセージ性を持つこと。 斉藤先生は、デザイン系の勉強をしている時に「上手いけどそれが何?」と言われた人を彷彿とさせますね…。 技術も勿論、あればあるほど良いんですけどね〜。 色々な人と絵を見て霜介は自分の答えに行き着きましたね。

  • 毎日が日曜日 さん

    技術を超えた表現力を才能というのかな?自分で自分を見ることはできないから周りの人たちから自分がどういうふうに見られているかを想像して自分と向き合うしかないにでは。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品