うちの父が運転をやめません

垣谷美雨

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041079706
ISBN 10 : 4041079705
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
308p;19

内容詳細

「また高齢ドライバーの事故かよ」。猪狩雅志はテレビニュースに目を向けた。そして気づく。「78歳っていえば…」。雅志の父親も同じ歳になるのだ。「うちの親父に限って」とは思うものの、妻の歩美と話しているうちに不安になってきた。それもあって夏に息子の息吹と帰省したとき、父親に運転をやめるよう説得を試みるが、あえなく不首尾に。通販の利用や都会暮らしのトライアル、様々な提案をするがいずれも失敗。そのうち、雅志自身も自分の将来が気になり出して…。果たして父は運転をやめるのか、雅志の出した答えとは?心温まる家族小説!

【著者紹介】
垣谷美雨 : 1959年、兵庫県生まれ。明治大学文学部卒。2005年、「竜巻ガール」で小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    独居の母の免許証返納を思い出した。「運転出来ることが自信になっていた。」母の言葉は痛いほど伝わっていたけれど、何かあってからでは遅いのだ・・それは先々の自分の事でもある。車がないと買い物だけでなく用事が済まない。○協は利用している。路線バスもまだ走ってる。田舎に住む人間の現実問題がこの作品にはあった。ちょっと綺麗に結び過ぎてはいるものの、垣谷さんのタイトルはいつながらそそられる。面白く一気に読了。

  • 旅するランナー さん

    高齢者による自動車事故問題だけでなく、兵庫県北部の田舎町を舞台に、過疎化、高齢化、老齢介護、買い物難民、人手不足など、日本が抱える問題を真面目に取り上げてます。それらの問題や、田舎暮らし・都会暮らしのメリット・デメリットを多角的にバランス良く描写する、真摯な姿勢に好感が持てます。誰もがいずれは直面する課題であり、当事者意識を持つための優れた入門書になると思います。

  • reo さん

    『うちの子が結婚しないので』でアラサーのお姉ちゃんを袈裟懸けでバッサリ斬ったその筆で、美雨姐さん今回は80凸凹のジジィを『うちの父が運転をやめません』と返す筆で斬り捨てる。と、思いきやこれが何とお仕事小説。田舎で暮らしてみれば分かるのだが、生活基盤が車で成り立っているわけで、━がないと足を捥がれたようで何もできない。そこで移動スーパー。これってガイヤの夜明けでやっていた”とくし丸”かえ?買い物難民を救え!「それと、母が元気で長生きしてくれることが心の支えだってことも」明日予約は、鶴子さんだ。涙腺決壊😭

  • ゆみねこ さん

    父の晩年を思い出しながらの読書でした。車庫入れに失敗して傷が付いた車、結局免許は返納しなくて車を妹に譲って乗らないようにさせたのですが。田舎の車がないと生活が不自由になる地域では高齢化と過疎化のダブルパンチ。この本のようにキレイな結末ならば言うことないのですが。

  • 四つ葉🍀 さん

    頻繁にニュースになる高齢者ドライバーの事故だが免許返納すれば解決するといった簡単な話ではない事を本作では思い知らされる。都会ならまだしも過疎化する田舎で公共交通機関も赤字の為に減少、結果、「買い物難民」となり生きて行く上で必要最低限な食糧を調達する為の手段として車は必需品。親を心配し口煩く言う息子、車の運転をやめたくない父、それぞれに共感する部分があって一概に何が正解かなんて言えない。誰もがいつかは高齢者になる事を皆が気付き温かい目線で解決に導ける世界であって欲しい。主人公・雅志の決断とラスト一行に拍手。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

垣谷美雨

1959年、兵庫県生まれ。明治大学文学部卒。2005年、「竜巻ガール」で小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品