葛城の王都・南郷遺跡群 シリーズ「遺跡を学ぶ」

坂靖著

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787710499
ISBN 10 : 4787710494
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,93p

内容詳細

古代の大豪族・葛城氏が勢力を誇った奈良盆地西南部、金剛山のふもとから「高殿」「祭殿」、水のまつりの祭祀場などが配置された大集落がみつかった。ヤマト王権を支え、時に対峙した大豪族の支配拠点の実態を解明。〈受賞情報〉毎日出版文化賞企画部門(第65回)

【著者紹介】
坂靖著 : 1961年生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了、博士(文化史学)。現在、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館総括学芸員

青柳泰介 : 1968年生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了。現在、奈良県立橿原考古学研究所主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うしうし さん

    県立図書館で借りる。古墳時代中期、5世紀代の古代葛城氏に関連する南郷遺跡群をカラー図版で紹介した概説書。中でも「高殿」遺構がある極楽寺ヒビキ遺跡は圧巻。「高殿」は室宮山古墳出土家形埴輪に見られるような朱塗りの板柱をもつ建物遺構。著者は室宮山古墳→掖上鑵子塚古墳の変遷を考え、南郷遺跡群を経営していた人物の墳墓は後者とする。

  • はるわか さん

    祖:葛城襲津彦、仁徳天皇の皇后、雄略天皇による円大臣の殺害:葛城宗家の滅亡、本拠:高宮、渡来人、鴨都波遺跡、三角縁神獣鏡、秋津遺跡、室宮山古墳、極楽寺ヒビキ遺跡:高殿、南郷大東遺跡:水の秘儀、南郷角田遺跡:特殊工房、金銀銅ガラス、井戸大田台遺跡:鉄と塩の交易センター、倉庫、林遺跡:渡来人とオンドル、掖上鑵子塚古墳、蘇我氏の進出、東漢氏、生産工人

  • ナオ さん

    全体像が非常に良く分かる、すばらしい本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂靖著

1961年生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了、博士(文化史学)。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館学芸課長を経て、2018年より奈良県教育委員会文化財保存課課長補佐(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品