クリームのことがよくわかる!お菓子の本 生クリーム・カスタードクリーム・バタークリーム

坂田阿希子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579213573
ISBN 10 : 4579213572
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
79p;26

内容詳細

目次 : 生クリーム(クレーム・シャンティイのデコレーション/ クレーム・シャンティイを巻いて、はさんで、楽しむ/ 生クリームとメレンゲの取合せがおいしい ほか)/ カスタードクリーム(カスタードクリームを詰めて楽しむ/ クレーム・シャンティイ入りカスタードクリームで/ オレンジカスタードクリームを使って ほか)/ バタークリーム(バタークリームのホールケーキ/ イタリアンメレンゲのバタークリームで/ ボンブのバタークリームで ほか)

【著者紹介】
坂田阿希子 : フランス菓子店やフランス料理店での経験を重ね、独立。現在、料理教室「studio SPOON」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kiyoka さん

    『CAKES』の坂田阿希子さんによる著書。生クリーム、カスタードクリーム、バタークリームについてすごく丁寧に基本とバリエを解説。生クリームの項目が半分以上もあってカスタードクリーム、バタークリームと少なくなっていく。一番知りたかったバタークリームが10数ページしかなくて残念。だけど、どれも写真が綺麗でとっても美味しそう。バタークリームは今や生クリームよりもコストがかかる贅沢品。子供時代のバタークリームのクリスマスケーキが懐かしい。

  • よこたん さん

    “生クリームはとってもデリケート。スーパーなどから家に持ち帰るときはあまり揺らさないようにしましょう。” 自転車で、ガタガタ道を飛ばして帰ってきたら、パックの中で泡立ち未遂。クルクルっとキュッキュッと絞り出された華やかさ、ぽってりとろりんと添えられた滑らかさ、どちらもいいな。高校の時の調理実習で、グループみんなが泡立てをやりたくて、気付けば見事に分離…オムレットケーキの口当たりはモロモロして最悪だったことを思い出す。バタークリームは、バターとクリームではなく、バターとシロップと卵白で出来ていたとは!

  • サルビア さん

    図書館の新刊本紹介のなかにあって、どうしても借りたいと他館から取り寄せた本でした。生クリーム、カスタードクリーム、バタークリームの作り方と、それぞれのクリームを使ったお菓子が紹介されています。もちろん作り方も載っています。目の保養になる本です。どのお菓子も、シンプルでいて美味しそうです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂田阿希子

フランス菓子店やフランス料理店での経験を重ね、独立。現在、料理教室「studio SPOON」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品