SHM-CD

戦場のメリークリスマス 30th anniversary edition

坂本龍一

基本情報

カタログNo
:
MDCL5017
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
初回限定盤, 紙ジャケ

商品説明

坂本龍一が初めて手掛けた映画音楽である、1983年公開・大島渚監督作品『戦場のメリークリスマス』のサウンドトラックをリマスタリング、さらに未発表バージョンを多数収録したDISC-2を加えた2枚組SHM-CD仕様・完全初回限定生産でリリース。
「サウンド&レコーディングマガジン」編集長・國崎氏による、当時のエンジニア・田中信一氏らの証言などを交えた詳細なライナーノーツなどを掲載、リマスタリングエンジニアは数々のビッグアーティストの作品に携わっているオノセイゲン氏が担当。

■ 2枚組
■ SHM-CD
■ 初回完全限定
■ 紙ジャケ仕様

内容詳細

デヴィッド・ボウイと坂本龍一が競演を果たした異色の映画『戦場のメリー・クリスマス』(83年)のサウンドトラック。音楽を坂本が担当し、映画と同タイトル曲はいまやクリスマスの定番。どこかエキゾチックな香りが漂う珠玉の楽曲を多数収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. メリー・クリスマス ミスター・ローレンス
  • 02. バタヴィア
  • 03. 発芽
  • 04. 腹いっぱいの朝食
  • 05. 闘いの前
  • 06. 種子と種を蒔く人
  • 07. 短い出会い
  • 08. ライド・ライド・ライド(セリアーズの弟の歌)
  • 09. ザ・ファイト
  • 10. ファーゼル・クリスマス
  • 11. 出て行け!
  • 12. 集合
  • 13. 理性を越えて
  • 14. 種を蒔く
  • 15. 詩篇第23
  • 16. 最後の後悔
  • 17. ライド・ライド・ライド (レプリーズ)
  • 18. ザ・シード
  • 19. 禁じられた色彩

ディスク   2

  • 01. Batavia (M-3)
  • 02. Merry Christmas Mr.Lawrence (M-34)
  • 03. Germination (M-9)
  • 04. Germination (M-11)
  • 05. The Seed And The Sower (M-16A)
  • 06. M-7 銃殺
  • 07. M-10 俘虜
  • 08. The Seed And The Sower (M-16 ヤジマ)
  • 09. A Brief Encounter (M-17)
  • 10. The Fight (M-19)
  • 11. Last Regrets (M-20 and M-22)
  • 12. Father Christmas (M-23)
  • 13. Before The War (M-12)
  • 14. M-14 行
  • 15. Dismissed! (M-25)
  • 16. Beyond Reason (M-26 to M-27take2)
  • 17. M-29 処刑場
  • 18. The Seed (M-29)
  • 19. The Seed (M-33)
  • 20. Last Regrets (take2)
  • 21. M-28A take2
  • 22. M-1 Free Time
  • 23. 23rd Psalm (M-30 take2 INST)
  • 24. M-13 カネモト切腹
  • 25. Ride Ride Ride (M-18 INST)
  • 26. Merry Christmas Mr.Lawrence (Theme Free Time take1)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
坂本龍一といえば、戦場のメリークリスマス...

投稿日:2014/12/13 (土)

坂本龍一といえば、戦場のメリークリスマス!30周年記念エディションで別バージョン、別ミックスなど未公開テイクを多数収録したディスク2を堪能。お腹いっぱいになりました。最高です!

じみへん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
私の思う「トロピカル」の形。プロフェット...

投稿日:2008/11/29 (土)

私の思う「トロピカル」の形。プロフェット・シンセの重い部分を全て活用した重厚で忘れられない作品。これより『CODA』が好きだ、なんて人は聴かなくてよろしい。『千のナイフ』が意図的に設計図まで見せたテクノなら、本作は美に発展したテクノである。こんなのが作れるならYMOは確かに要らないかもね。今のHASYMOは単なるお付き合い・・・。何がいいって、輸入盤のジャケ!!

TATSU さん | SUN-IN | 不明

0
★
★
★
★
★
'83年発表。もしかして映画を知らない人でも...

投稿日:2006/01/17 (火)

'83年発表。もしかして映画を知らない人でも、このテーマ曲は聴いたことがあるはず。それくらい映画音楽なのに、ひとり立ち。緊張感とメロウネスが交錯する編曲が圧巻。

かたち あるもの さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂本龍一

”世界のサカモト”なんと名誉ある呼び名だろう。常に斬新で柔軟な音楽性はYMOに始まり、日本に世界にと、その素晴らしい音楽を作りつづけている、天才音楽家、教授こと坂本龍一。陳腐な言葉では称え尽くせぬ芸術家でありながら、お茶目な部分も持ちあわす人間性が彼の器の大きさを物語っている。

プロフィール詳細へ

坂本龍一に関連するトピックス

クラブ/テクノ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド