モナ・リザはチョコの色 美術とあそぼう!チューブくん絵本

坂崎千春

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784568430851
ISBN 10 : 4568430852
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
55p;19X19

内容詳細

なぜ、美しいの?名画の理由は「色」にあった!JR東日本「Suica」のペンギンのキャラクターでもおなじみ、坂崎千春さんの最新絵本!

絵具のチューブのかたちをした「チューブくん」といっしょにさまざまな美術と出会える、絵本シリーズ。

今回のテーマは、だれもが知っている名画の「色」。絵画を「色」で見てみたら目からウロコ、ぜんぜん違って見えてきた!

チューブくんが、名画に含まれる色につぎつぎ変化して、絵画と色のおもしろさをおしえてくれます。

【著者紹介】
坂崎千春 : 絵本作家・イラストレーター。東京藝術大学美術学部デザイン科卒。1998年よりフリーのイラストレーターとして活動。絵本の制作、キャラクターの制作、広告用イラストなどを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    美術作品を食べるチューブ君、食べるとその作品の色の成分が体に表れる。ダビンチのモナリザやゴッホのひまわりなど、名作の色の成分が分かる教育絵本。「色彩」が「味覚」に例えられるのも楽しい。ひまわりは「太陽の味」、モナリザは「ピスタチオクリームがはさまったチョコレートケーキ」の味、ミレーの落穂拾いは「小麦の味がしっかりとしたパン」の味。最後は食べ過ぎでどばーっとすごいことになってしまうのだが、そのオチも芸術作品にうまく着地。おあとがよろしいようで。

  • アリ子 さん

    チューブ君の視点がたいそう面白い。色の見え方って人によって違うんだろうな。とても良い本だと思う

  • あおい さん

    名画を吸い込むとチューブ君の体は名画に使われている色に変身。ひまわり、モナリザ、泣く女…有名な絵がたくさん出てきて楽しい。息子は色の割合に興味津々でした。ジャクソン・ポロックの「ナンバー1」が気に入った様子。ちゃんと作品紹介のページもあります。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《書店》名画の色の配分や、配色等が本当に面白い。他にチューブ君シリーズがあったら、是非読みたい。

  • ちーたん さん

    思わず手にとって読んじゃった。もう一回読みたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂崎千春

絵本作家・イラストレーター。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。ステーショナリーメーカー制作室のデザイナーを経て、1998年よりフリーのイラストレーター・絵本作家として活動を始める。2001年、JR東日本のICカード「Suicaのペンギン」のキャラクターデザインをきっかけに、さまざまな企業や団体のキ

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品