ほろ酔い天国 ごきげん文藝

坂口安吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026817
ISBN 10 : 4309026818
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
233p;19

内容詳細

時代を代表する作家たちによるほろ酔いエッセイ41篇を収録したアンソロジー。飲み方の流儀、日本酒のうんちく、酒豪自慢、酒友との交友などなど、呑まずに酔える「ごきげん文藝」第二弾。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    もうお酒は飲まなくなってもこのお酒にまつわるアンソロジーを読んでいると呑んでいたときの気分やおこない、お酒の味や香り、失敗などが蘇ってきたから面白い。お酒はないよりあったほうがいいと思う。もしなかったら世の中はギスギスしているかもしれない。いや飲ん兵衛がいなくなって町中が静かできれいになるという意見があるかもしれない。でもやっぱりこの本を読んでいるとあったほうがいいと思った。若山牧水の歌がいくつか載っていて気に入ったのがいくつかあった。図書館本

  • 九月猫 さん

    酒呑みのダメなところが前に出てるエピソード多し。私も気を付けよう(;´∀`) たいていのこのテのアンソロジーはつかみは読みやすいのに、最初の一篇が漢詩で読みにくくてびっくり。平松洋子さんの「酒 極彩色の夢を見る」(「買えない味 2 はっとする味」ちくま文庫より)が一番共感度が高くてお気に入り。“酒がたんと飲めても、なんの自慢にもなりません。けれども、「だめな側」にいるからこそ、ゆらゆらと身を崩す極彩色の夢見心地、いやもうこれだけはぜったい譲れない。” 私も「だめな側」にいるほうが好き(笑)

  • ネギっ子gen さん

    作家たちによるほろ酔いエッセイ41篇を収録したアンソロジー。飲み方の流儀、酒の蘊蓄、酒豪自慢、酒友との交遊etc. やはり、牧水がいいね。五臓六腑に沁みる巧さ。炭酸水を呑みながら、歌人の洒脱な文章を味わいました。「酒の讃と苦笑」<酒は更に心で噛みしめる味わいを持って居る。あの「酔う」というのは心が次第に酒の味をあじわってゆく状態をいうのだと私はおもう。斯の酒のうまみは単に味覚を与えるだけでなく、直ちに心の営養となってゆく。乾いていた心はうるおい、弱っていた心は蘇り、散らばっていた心は一つに纏って来る>。⇒

  • たまご さん

    いろあろな方々のお酒に纏わるエピソード。作品の並ぶ順だったり、互いに互いのエピソードに出てくる関係性だったり、楽しめます。でも、楽しいなかに一抹の淋しさがある作品が多かったような… お酒を友とするのは、お酒に姿を変えた自分の記憶と向き合うことなのかもなぁ、と。 いつまでもお酒が楽しめるカラダとココロでありたいです。

  • tetsubun1000mg さん

    面白そうなタイトルで、聞いたことがある有名な文人が書いた酒に関するエッセイを集めたアンソロジーのようだ。 中島らも、椎名誠、筒井康隆などの比較的に新しめの作家だけでなく、山本周五郎、安部公房、萩原朔太郎、池波正太郎など教科書に載っているような著名人が続々と出てくる。 豪華作家陣だけに酒に関する文章も作家の個性が表れて楽しめた。 特に太宰治の客を迎えて酒を準備するのに、おろおろとして落ち着かない様子が面白い。 昭和のはじめはワインが一般的ではなくブドー酒と呼ばれて、赤玉ポートワインなどが飲まれていたようだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂口安吾

1906(明治39)年〜1955(昭和30)年、小説家・批評家・随筆家。1930年、東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒業。同人雑誌『言葉』を創刊。1931年発表の「風博士」が牧野信一に認められ、戦後、『堕落論』や『白痴』などで脚光を浴び、無頼派・新戯作派と呼ばれる。様々なジャンルの作品も精力的に発表す

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品