ほろ酔い天国 ごきげん文藝

坂口安吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026817
ISBN 10 : 4309026818
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
233p;19

内容詳細

時代を代表する作家たちによるほろ酔いエッセイ41篇を収録したアンソロジー。飲み方の流儀、日本酒のうんちく、酒豪自慢、酒友との交友などなど、呑まずに酔える「ごきげん文藝」第二弾。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 九月猫 さん

    酒呑みのダメなところが前に出てるエピソード多し。私も気を付けよう(;´∀`) たいていのこのテのアンソロジーはつかみは読みやすいのに、最初の一篇が漢詩で読みにくくてびっくり。平松洋子さんの「酒 極彩色の夢を見る」(「買えない味 2 はっとする味」ちくま文庫より)が一番共感度が高くてお気に入り。“酒がたんと飲めても、なんの自慢にもなりません。けれども、「だめな側」にいるからこそ、ゆらゆらと身を崩す極彩色の夢見心地、いやもうこれだけはぜったい譲れない。” 私も「だめな側」にいるほうが好き(笑)

  • くさてる さん

    お酒、ほろ酔い、酔っ払い武勇伝、下戸のぼやき等々の、お酒にまつわる作家のエッセイを集めたアンソロジー。40本ほど収録されているのでいささか玉石混合感はありますが、漢詩の解説から、明治、大正、昭和の著者が中心なので、その古き良き雰囲気は楽しめるかと。

  • Koichi Yamashita さん

    お酒がテーマのアンソロジー。人の数だけお酒にまつわるエピソードあるんだなと、一編つづ丁寧に読んだ。そしてお酒が呑みたくなった(笑)

  • chuji さん

    久喜市立中央図書館の本。2018年5月初版。41人の【酒飲み】のエッセイ集。オイラはまだマトモなほうか?

  • ねね さん

    お酒にまつわる様々な物語。 お酒だけの話なのに作家さんの色が出ていて、とても面白い一冊です。 お酒が好きな方におすすめです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂口安吾

作家。1906年、新潟市の旧家に生まれる。県立新潟中学を中退後、東京移住、東洋大学印度哲学科を卒業。30年、「風博士」「黒谷村」でデビュー。戦時中、名著『日本文化私観』を刊行。戦後、「堕落論」「白痴」などを発表、無頼派・新生日本の旗手として活躍。代表作に「不連続殺人事件」(第2回探偵作家クラブ賞)、

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品