書簡で読み解くゴッホ 逆境を生きぬく力

坂口哲啓

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894349759
ISBN 10 : 4894349752
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
286p;20

内容詳細

貧しく力弱き者に真底共感して、自分が着の身着のままになっても援助し、神話や聖書に形式的に題材を求めるのでなく、真の人間を描きぬいたゴッホ。弟テオ宛の書簡を丹念に読みこみ、その苦悩と愛に満ちた内面が、力強く豊かな筆にどのように結晶しているかを読み解く、渾身の書。現代の我々に生きる力を与える絵画は、どのような精神の深みから生まれたか。

目次 : 序章 宗教的な、あまりに宗教的な―予備的考察/ 第1章 暗い青春―画家を志すまで(一八五三年三月〜一八八〇年六月)/ 第2章 画家として立つ―ブリュッセル・エッテン・ハーグ・ドレンテ/ 第3章 土に生きる―ニューネン・アントウェルペン/ 第4章 面白うてやがて悲しき…―パリ/ 第5章 精神の高揚と墜落―アルル・サン=レミ/ 終章 種をまきおく―オーヴェール

【著者紹介】
坂口哲啓 : 1959年長野市生まれ。現在、早稲田大学、明治大学ほかで、仏語、仏地域研究、仏語圏文学文化と日本などを教えている。専攻は近代フランス文学。1995年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。パリ第8大学第3課程留学、高等研究免状(DEA)取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐藤光弘 さん

    狂気の人。社会に適合できない。生前はまったく評価されなかった。 著者は、彼の作品と弟テオとの膨大な手紙のやり取りを追い、その見方が偏見だと明かしていく。 自然に立ち向かう農民。汗を流し懸命に働く労働者。 そこに芸術があり、信仰があり、絵画があった。 庶民の苦しみに寄り添ったキリストを敬虔に信仰しながらも、形骸化した教会に失望し、絵の道を貫くことを決断する。 それは壮絶な宿命との闘争でもあった。 短い生涯の中で全精力を注いだ作品が、時空を超えて人々の心を揺さぶり続ける。 それこそ「逆境を生きぬく力」だ。

  • Ambo Hiroaki さん

    ゴッホが応答した手紙からゴッホの人物像に迫る一冊。どうしてもゴッホについては、先入観の影響が大きくなる傾向にあるが、手紙そのものを入れていることで事実と解釈のあいだを探ることができた。 「ゴッホの耳」と合わせて読むと、ゴッホの人物像が立体的に読めて良いなぁと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品