anone 1

坂元裕二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026497
ISBN 10 : 4309026494
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
253p;19

内容詳細

辻沢ハリカ、19歳。清掃のアルバイトで生計を立てる身寄りのない彼女は、ネットカフェに住みながら、チャットゲームの中で会う友達・カノンと会話することだけを楽しみにしている。ある日、ハリカが大量の偽札を拾ったことで、印刷所を営んでいた林田亜乃音、余命半年と宣告された元カレー屋店主の持本舵と謎の客・青羽るい子、そして印刷所の元従業員・中世古理市の運命が交錯していく―。人気ドラマのシナリオ、ついに書籍化。

【著者紹介】
坂元裕二 : 脚本家。主な作品に「Mother」(第19回橋田賞)、「Woman」(日本民間放送連盟賞最優秀)、「わたしたちの教科書」(第26回向田邦子賞)、「それでも、生きてゆく」(芸術選奨新人賞)、「最高の離婚」(日本民間放送連盟賞最優秀)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 林田力 さん

    『anone』はハリカと林田亜乃音が疑似親子のような関係になる人間ドラマである。同じ脚本家のドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』では主人公の杉原音(有村架純)の養父母は林田雅彦・知恵である。脚本家にとって林田は名字は印象が強いのだろうか。

  • 工藤俊悟 さん

    ●愛されてたって、愛してくれなかった人の方が心に残るもんね。人は、手に入ったものじゃなくて、手に入らなかったもので出来てるんだもんね●「わたしは病院の人じゃないから治してあげられないし。お金持ちじゃないからいい病院にも連れて行ってあげられないし。何にもしてあげられないのは一緒だから。彦星くんを助けてあげられないのは一緒だから。わたしはレストランでご飯食べている人とおんなじ。いてもいなくても、おんなじ。全然大事にしてない」「何もできなくていいの。その人を思うだけでいいの。その人を思いながら、ここにいなさい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂元裕二

脚本家。東京藝術大学教授

プロフィール詳細へ

坂元裕二に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド