場の量子論 裳華房フィジックスライブラリー

坂井典佑

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784785322120
ISBN 10 : 4785322128
フォーマット
出版社
発行年月
2002年11月
日本
追加情報
:
21cm,239p

内容詳細

本書は、場の量子論を簡明、かつ平易に解説することを試みている。

目次 : 1 場の量子論と場の古典論/ 2 正準量子化/ 3 相互作用場の一般的性質/ 4 経路積分量子化/ 5 摂動論のファインマン則/ 6 くり込み/ 7 ゲージ場の経路積分量子化/ 8 BRS対称性と演算子形式/ 9 自発的対称性の破れとヒッグス機構

【著者紹介】
坂井典佑 : 1944年生まれ。1967年東京大学理学部物理学科卒業。1972年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)。1975年東北大学理学部助手。1981年高エネルギー物理学研究所助教授。1983年東京工業大学理学部助教授。1990年同教授(現在に至る)。マックス・プランク(ミュンヘン)、ラザフォード、セルン、ニールス・ボーア、フェルミ各研究所、ハーバード大学他にて研究。専門は素粒子理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • らんまる さん

    読み返してみたら、BRSTとかは意外とわかりやすいかも。共変ゲージ固定の補助場の名前が中野ロートラップ場っていうのは初めて知った。

  • こずえ さん

    場の量子論の本にしては破格の薄さ、ゆえに最初の導入として使うか、ある程度やって全体像を見失ったときに使うといい感じ。これ1冊でしっかりやるというのはおすすめしない。1冊で、というなら九後氏の本か英語の名著のやつあたるといい

  • home alone さん

    200ページくらいの本で場の量子全般扱ってるから、式の導出がかなりはしょられてる。ゲージ場あたりから意味が分からないとこが増えた。感じはつかめた。これは知ってる人が読む本で、確認にはいいかも

  • 枕流だった人 さん

    2007/7/5 6版

  • Nautilus さん

    コンパクトにまとまった良書。概要を頭に入れるのに役立つ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品